ビクーニャ(英語表記)Lama vicugna; vicuña

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ビクーニャ」の解説

ビクーニャ
Lama vicugna; vicuña

偶蹄目ラクダ科。体長 1.3~1.9m。耳介は長いが,顔は短い。頸の基部から前方にかけて白い長毛の総がある。 10頭ぐらいの小群をつくり,草類を食べて生活している。空気が薄い高山にすむのに適していて,標高 3600~5400mの高地にすんでおり,赤血球の数はヒトの3倍近くもある。ペルーエクアドル南部,ボリビア中部,アルゼンチン北西部までのアンデスに分布する。

ビクーニャ
vicuña

ビキューナともいう。アンデス山中に生息するラクダ科の動物ビクーニャの毛からつくる高級毛織物をいう。ビクーニャの毛は,柔らかくて長く,光沢があり,ヘア繊維として非常にすぐれている。綾織にすると,羊毛よりも感触が柔らかく,おだやかなつやをもつ。飼育量が少いため生産量が限られ,高級な婦人服,紳士服地として賞用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ビクーニャ」の解説

ビクーニャ

〘名〙 (vicuña)⸨ビクーナ・ビキューナ⸩
① 南米のペルー、ボリビア、エクアドルなどの高山草原に生息する哺乳類。肩高七〇~一一〇センチメートル。毛色は赤褐色で下面は白く、羊毛状で長い。
② ①の毛で織った柔らかく、光沢のある布地。高級品とされる。また、それに似せた毛織物。オーバー地などに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ビクーニャ」の解説

ビクーニャ(Vicuña)

チリ中北部、コキンボ州の町。港湾都市ラセレナの東約60キロメートル、エルキ川が刻む谷間に位置する。南アメリカで初となるノーベル文学賞を受賞したG=ミストラルの生地で、関連資料を展示する博物館がある。

ビクーニャ(〈スペイン〉vicuña)

ビクーナ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のビクーニャの言及

【ビクーナ】より

…ビクーニャともいう。ラマに似たラクダ科の偶蹄類(イラスト)。…

※「ビクーニャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android