コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビゴ ビゴ Vigo

5件 の用語解説(ビゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビゴ
ビゴ
Vigo

スペイン北西部,ガリシア州南西部,ポンテベドラ県の都市。ポルトガル国境に近く,カンタブリカ山脈の西端,大西洋岸のリア (峡湾) に面した港湾都市。古くから海軍基地があり,それをめぐって 16~18世紀にたびたび重要な戦いが行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビゴ(Vigo)

スペイン北西部の港湾都市。大西洋に面し、水産加工や造船業が盛ん。1702年、イギリスオランダ連合艦隊がスペイン艦隊を撃破した地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビゴ

フランスの映画監督。パリ生れ。《ニースについて》(1930年)と《水の王者タリス》(1931年)の2本の短編ドキュメンタリーを手がけた後,寄宿学校を舞台にした自伝的な中編《新学期・操行ゼロ》(1933年)を監督。

ビゴ

スペイン北西部,ガリシア自治州ポンテベドラ県の大西洋岸の港市。漁業根拠地で水産加工・製材・皮革工業行われる。観光・保養地でもある。1702年この沖でフランス・スペイン艦隊が,イギリス・オランダ艦隊に敗れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビゴ
びご
Jean Vigo
(1905―1934)

フランスの映画監督。パリ生まれ。29歳で夭折(ようせつ)した。生涯で長編劇映画は『アタラント号』(1934)1本しかつくっていないが、その自由な映画作りは、後のヌーベル・バーグをはじめとして世界中に大きな影響を与えている。父親はアナーキストのジャーナリスト、通称ミゲル・アルメレイダMiguel Almereyda(1883―1917)。父は獄中で亡くなり、不幸な少年時代を送った。肺結核でニースで療養中に、金持ちたちを皮肉に描いた中編ドキュメンタリー『ニースについて』(1929)を撮る。撮影はジガ・ベルトフДзига Вертов/Dziga Vertov(1896―1954)の弟ボリス・カウフマンBoris Kaufman(1897―1980)。1931年に短編ドキュメンタリー『水泳選手タリス』を撮影後、中編劇映画『新学期 操行ゼロ』(1933)を監督し、少年たちの反乱をシュールなタッチで描いた。『アタラント号』はミシェル・シモンMichel Simon (1895―1975)を起用し、船の上で生きる人々を描いた傑作だが、公開当時はプロデューサーの手によってずたずたに編集された。死後、1951年にフランスで若手監督の優れた作品に与えられる「ジャン・ビゴ賞」が設けられた。[古賀 太]

資料 監督作品一覧(日本公開作)

ニースについて  propos de Nice(1930)
水泳選手タリス Taris, roi de l'eau(1931)
新学期 操行ゼロ Zro de conduite(1933)
アタラント号 L'Atalante(1934)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビゴの関連キーワードアルコスデラフロンテラキンタナ広場サンアントン城シエス諸島スペイン村セブレイロバイオナビーゴフィニステレラコルーニャ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビゴの関連情報