コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビザンチン美術 ビザンチンびじゅつByzantine art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビザンチン美術
ビザンチンびじゅつ
Byzantine art

中世におけるビザンチン帝国 (ローマ帝国) の美術。同帝国は古代ローマ帝国の延長であるため,その始りをどこにおくかは必ずしも一致しないが,早くともコンスタンチヌス大帝のコンスタンチノポリス遷都 (330) ,遅くもユスチニアヌス帝の登位 (527) の頃が考えられる。その始りから聖像論争の開始 (726) までの期を初期ビザンチン,論争の終り (843) から第4回十字軍の首都侵入 (1204) までを中期ビザンチン,それ以後 1453年の帝国滅亡までを末期ビザンチン,滅亡後にギリシア本土,エーゲ海の島々,ベネチアのギリシア人の間に生き続けた伝統をポスト・ビザンチンと呼ぶ。その最盛期は,(1) 6世紀のユスチニアヌス帝の時代,(2) マケドニア朝 (867~1056) の「マケドニア朝ルネサンス」の時代,(3) パレオロゴス朝 (1261~1453) の「パレオロゴス朝ルネサンス」の時代である。地理的にはギリシア本土,小アジアを中心とし,北はバルカン,南はナイル川流域,西はイタリアの諸地,東はアルメニア,ゲオルギア,シリアなど,帝国とその美術の影響の及んだ範囲を含めて扱うことが多い。神と皇帝の超越的権能を強調し,また神秘的内観を重んじる伝統から,様式には観念的,図式的傾向が著しい。だがその反面,古代ヘレニズム伝統の継承者として,純正な古代芸術の復活も再々みられ,この両傾向の授受のうちに多様な展開がみられる。建築ではドーム工法を得意とし (イスタンブール,ハギア・ソフィア大聖堂,531完成) ,その内部を壮麗なモザイクで飾った (フォキス,ホシオス・ルカス修道院聖堂,10世紀末) 。彫刻は6世紀以降ほとんど浮彫に限られたが,象牙彫にすぐれたものが多く (ラベンナ,『マクシミアヌスの司教座』,6世紀中頃) ,そのほかエマイユ,ミニアチュールなど無数の逸品を生んだ。ヨーロッパ中世美術の発展はビザンチン美術の刺激なくしてありえず,その伝統は今日でもロシア,ギリシアの正教会の美術に生きている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビザンチン美術の関連キーワードサンタ・プデンツィアーナ聖堂[ローマ]ハギア・ソフィア[セサロニキ]ハフパトとサナヒンの修道院群ウィンチェスター・バイブルスタリイタロ・ビザンチン様式聖パンテレイモン修道院ダマスカス国立博物館中世ヨーロッパの美術ストゥデニツァ修道院アギアエカテリニ教会ゾードホスピギ修道院サンヴィターレ教会サン・マルコ大聖堂マニエラ・グレカパントクラトールサンビターレ聖堂キリスト教美術オスマン朝美術ウィーン創世記

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android