コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジャヤワダ Vijayawada

世界大百科事典 第2版の解説

ビジャヤワダ【Vijayawada】

インド南東部,アーンドラ・プラデーシュ州北東部の都市。人口70万2000(1991)。クリシュナー川が東ガーツ山脈を離れ,扇状地性のデルタを展開する扇頂部東岸に位置する。周辺からの米,タバコを集散する。精米,製油,タバコ,薬品などの諸工業も立地するが,とくに伝統的な手すき紙の特産地として名高い。7世紀前半から10世紀にかけて東チャールキヤ朝の主要都市として栄えた。周辺一帯は古くから開け,仏教遺跡が多く残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビジャヤワダ(Vijayawada)

インド南東部、アンドラプラデシュ州の都市。クリシュナ川河口付近に位置する。鉄道、幹線道路の要地であり、周辺の農業地帯に産する米、タバコ、綿花などの集散地となっている。近郊に、5世紀から7世紀にかけての仏教遺跡が点在する。ビジャヤワーダ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビジャヤワダ
びじゃやわだ
Vijayawada

インド南東部、アンドラ・プラデシュ州東部のクリシュナ川河口左岸に位置する商業都市。人口82万5436、周辺部を含む人口101万1152(2001)。周辺にはクリシュナ川の分流や運河によって、米、タバコ、綿花などの農業地帯が広がる。インド半島の東海岸を走る国道・鉄道と州都ハイデラバードを結ぶ分岐点にあたり、物資の集散地となっている。ヒンドゥー教、仏教の聖地でもあり、645年には唐の仏僧玄奘(げんじょう)がここを訪れている。[林 正久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビジャヤワダの関連キーワードクリシュナー[川]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android