コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンP ビタミンピーvitamin P

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンP
ビタミンピー
vitamin P

毛細血管壁の抵抗力を高め,透過性亢進を防ぐ因子である。ビタミンC欠乏症の治療薬としてパプリカやレモンから抽出され,A.セント=ジェルジによって命名された (1936) 。その後,この結晶はヘスペリジンルチンの混合体であることが判明し,さらにそのフラボン類でも同じ作用があることが見出されたので,現在では独立したビタミンとは考えられていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビタミン‐ピー【ビタミンP】

《permeability(浸透性)から》レモン・ミカンの実や緑茶にビタミンCとともに含まれるルチンとヘスペリジンの混合物。毛細血管の透過性が高くなるのを防ぐ。現在では独立したビタミンとされない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンピー【ビタミンP】

水溶性のビタミン様物質のひとつ。フラボノイドのうちヘスペリジンルチンケルセチンなどの総称。壊れやすい性質をもつビタミンCの働きを助けるビタミン様物質。柑橘類(特に薄皮)、杏、さくらんぼ、そばなどに多く含まれる。ビタミンCを安定させ、さらにビタミンCの優れた抗酸化作用を発揮させる役割をもつほか、毛細血管の血管壁を緻密(ちみつ)にし、栄養・酸素が血管に出入りする機能を適度に調整、高血圧予防、血中の中性脂肪の抑制、脳出血などの出血性疾患の予防などの作用をもつと推察される。◇「フラボノイド化合物」とも呼ばれる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

ビタミンPの関連キーワードポリフェノール・ゴマリグナン・イソフラボンじんま疹・水ぼうそう(水痘)できもの・いぼ・にきびビタミンプロテクトセント・ジェルジーニコチン酸アミドアスパラガスナイアシンニコチン酸キンカンシトリン扁桃炎鼻血

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビタミンPの関連情報