ビタミンP(読み)ビタミンピー(英語表記)vitamin P

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛細血管壁の抵抗力を高め,透過性亢進を防ぐ因子である。ビタミンC欠乏症の治療薬としてパプリカレモンから抽出され,A.セント=ジェルジによって命名された (1936) 。その後,この結晶ヘスペリジンルチンの混合体であることが判明し,さらにそのフラボン類でも同じ作用があることが見出されたので,現在では独立したビタミンとは考えられていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

水溶性のビタミン様物質のひとつ。フラボノイドのうちヘスペリジンルチンケルセチンなどの総称。壊れやすい性質をもつビタミンCの働きを助けるビタミン様物質。柑橘類(特に薄皮)、杏、さくらんぼ、そばなどに多く含まれる。ビタミンCを安定させ、さらにビタミンCの優れた抗酸化作用を発揮させる役割をもつほか、毛細血管の血管壁を緻密(ちみつ)にし、栄養・酸素が血管に出入りする機能を適度に調整、高血圧予防、血中の中性脂肪の抑制、脳出血などの出血性疾患の予防などの作用をもつと推察される。◇「フラボノイド化合物」とも呼ばれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 水溶性ビタミンの一つ。毛細血管の抵抗力をたかめ、その透過性が高くなり過ぎるのを防ぐ因子。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android