コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニョン Binyon, (Robert) Laurence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビニョン
Binyon, (Robert) Laurence

[生]1869.8.10. ランカスター
[没]1943.3.10. レディング
イギリスの美術研究家,詩人,劇作家オックスフォード大学に学び,大英博物館の美術部門に勤務,特に東洋美術の研究で知られ多数の著書がある。一方美しい抒情を伝統的な詩型に乗せた『抒情詩集』 Lyric Poems (1894) 以下の詩業で学者詩人の面目を発揮し,また無韻詩劇復活の先駆者でもあった。ダンテ『神曲』の翻訳もある。 1929年来日した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ビニョン Binyon, Robert Laurence

1869-1943 イギリスの詩人,美術研究家。
1869年4月10日生まれ。1913年大英博物館の東洋部長となる。昭和4年(1929)来日し,各地の美術品を鑑賞し,講演した。講演は「英国の美術・詩歌における風景」としてのちに出版された。1943年3月10日死去。73歳。オックスフォード大卒。著作に「抒情(じょじょう)詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビニョン【Robert Laurence Binyon】

1869‐1943
イギリスの詩人,劇作家,美術研究家。オックスフォード大学卒業後,大英博物館に勤務。東洋美術の権威として,先駆的著作《極東絵画》(1908),《日本芸術》(1909)を発表した。W.ブレーク版画その他についても論考が多い。1929年に来日,《英国美術・詩歌における風景》(1930)としてまとめられた講演を行った。《抒情詩集》(1894)から《北の星》(1941)にいたる多くの詩集,《アッティラ》(1907)その他の戯曲数編がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビニョン
びにょん
Laurence Binyon
(1869―1943)

イギリスの詩人、東洋美術研究家。40年間、大英博物館の版画・絵画部に勤め、東洋美術部長となる。1929年(昭和4)来日。論著『極東の絵画』(1908)、『ブレイクの素描と版画』(1922)、『英国水彩画』(1935)のほか、『叙情集』(1894)、『4年集』(1919)などの詩集、ダンテ『地獄篇(へん)』の英訳がある。[早乙女忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビニョンの関連キーワードサント・マリー・マドレーヌ聖堂[パリ]クレメンス(7世)(アビニョン教皇)サント・マドレーヌ聖堂ビルヌーブレザビニョンコラ・ディ・リエンツォベネディクツス12世シャトーヌフデュパプ教皇のバビロン捕囚リルシュルラソルグコンスタンツ公会議クレメンス(5世)ヨハネス(22世)クレメンス[5世]ヨハネス[22世]アビニョンの画家アビニョン演劇祭ロシェデドン公園アビニョンの幽囚フランジパニ家ウルバヌス5世

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android