コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビボルグ Vyborg

2件 の用語解説(ビボルグの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビボルグ【Vyborg】

ロシア連邦北西部,サンクト・ペテルブルグの北西約80km,フィンランド湾に面した都市。ブイボルグとも表記する。人口8万0900(1991)。1940年まではフィンランド領で,ロシア革命以前はフィンランドが帝政ロシアの支配下にあって相対的に自由だったことと,ビボルグから首都ペテルブルグまで鉄道で容易に連絡しうることから,反政府活動の拠点となった。1906年,第1国会(ドゥーマ)の議員181名が国会解散に抗議してここで発した,いわゆる〈ビボルグ・アピール〉でも知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビボルグ
びぼるぐ
Выборг Vborg

ロシア連邦北西部、レニングラード州、フィンランド湾に臨む港湾都市。人口7万9700(2003推計)。フィンランドとの国境近くにあり、1918~40年、41~44年フィンランド領であった。フィンランド語ビープリViipuri。機械、水産加工、木材加工業が主要工業。13世紀建造の城が保存され、レーニンの住んでいた家屋が博物館になっている。[中村泰三]

歴史

1293年にスウェーデン軍が建設した城を中心に発達した都市で、以来スウェーデンおよびフィンランド領西カレリアの政治、経済、文化の中心地となった。また、東西貿易路の要所に位置するため、古来、海外との貿易で栄えるとともに、フィンランドのロシアに対する前哨(ぜんしょう)としての役目を果たし、幾多の戦争において東西間の攻防の場となった。とくに近世にはタールの輸出により、フィンランド第一の貿易港の地位を占めた。1700年代にロシア領となるが、1800年代にふたたびフィンランドに入り、フィンランド有数の工業都市として繁栄した。1939年当時の人口約7万2000。1939~40年のソビエト・フィンランド戦争ののち、モスクワ講和条約(1940)でソ連に割譲されたが、41年ビープリを含むカレリア地域の領有問題をめぐって両国間でふたたび戦争が勃発(ぼっぱつ)し、44年の休戦条約でビープリのソ連への割譲が決定した。ビープリ(ビボルグ)城のほかに、16世紀に都市の防衛強化のためにつくられた円形の塔が残る。[萩谷千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビボルグの関連キーワードネバ川ペテルブルグКронштадтСанкт-Петербург芸術広場コトリン島サンクトペテルブルグ要塞Царское Село夏の宮殿Петергоф

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone