コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーチャム Beecham, Sir Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーチャム
Beecham, Sir Thomas

[生]1877.4.29. セントヘレンズ
[没]1961.3.8. ロンドン
イギリスの指揮者。オックスフォード大学卒業。 J.ロバーツと C.ウッドに作曲を,M.モスコビスキーにオーケストレーションを学ぶ。 1902年に巡回オペラ団の指揮をし,05年ロンドンでデビュー。 06年にニュー・シンフォニー・オーケストラを創立。 S.ディアギレフバレエ・リュスや F.シャリアピンをロンドンで紹介し,16年ナイトに叙せられた。 32年ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団,47年ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を創立し,オペラ,コンサートの両面でイギリスの楽界に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビーチャム

英国の指揮者。ランカシャー州セント・ヘレンズの英国有数の富豪の家に生まれ,後年名ピアノ奏者M.モシュコフスキ〔1854-1925〕らに作曲を学んだ以外ほとんど独学で音楽を習得。
→関連項目ホロビッツ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビーチャム【Thomas Beecham】

1879‐1961
イギリスの指揮者。オックスフォード大学に学び,音楽はM.モシュコフスキらに師事。イギリスでも有数の富豪の出で,ビーチャム交響楽団(1909),ビーチャム・オペラ団(1915),ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(1932),ローヤル・フィルハーモニー交響楽団(1946)などを組織,運営,指揮した。ビーチャム・オペラ団は1923年英国国立オペラ団となり,32年コベント・ガーデン劇場に吸収されるが,ビーチャムは同芸術監督となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーチャム
びーちゃむ
Sir Thomas Beecham
(1879―1961)

イギリスの指揮者。リバプール近郊のセント・ヘレンズ生まれ。オックスフォード大学出身だが、音楽は独学。たまたま名指揮者ハンス・リヒターの代役を務めたのをきっかけに楽界に身を投じ、1909年ビーチャム交響楽団を創立、R・シュトラウスをはじめ、多くの新しい管弦楽曲、オペラをイギリスに紹介、新風を吹き込んだ。32年ロンドン・フィルハーモニーを創立、39年までその指揮者。第二次世界大戦中はオーストラリア、カナダ、アメリカで指揮活動を続け、戦後はロンドンに46年ロイヤル・フィルハーモニーを創立、死去するまでその指揮者を務めた。独学だけに構成力の弱さはぬぐいきれなかったものの、穏やかな表情でデリケートに歌い上げてゆく風情は、ビーチャム独自の境地とされ、広く愛された。イギリスの作曲家ディーリアスの作品の紹介に尽力、その演奏は絶品といわれた。16年サーの称号を授与され、57年には名誉爵位を得た。ロンドンに没。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビーチャムの関連キーワードキャサリン マンスフィールドスミスクライン・ビーチャムグラクソ・スミスクラインメトロポリタン歌劇場トマス ビーチャムウォリック(伯家)ジョン ディーコンシアトル交響楽団マンスフィールドロンドン交響楽団メシュトロビッチマギー テートビーチャム家4月29日ファイザーマロリーグレビルプリンス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android