コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーフステーキ ビーフステーキ beefsteak

翻訳|beefsteak

8件 の用語解説(ビーフステーキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーフステーキ
ビーフステーキ
beefsteak

ビフテキ (フランス語のビフテック bifteckのなまり) ともいう。イギリスから伝わった牛肉料理の一種。最もポピュラーな牛肉料理で,牛肉のヒレ,ロース,ラム,イチボなどの部位を用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビーフステーキ(beefsteak)

牛肉のロース・ヒレなどの厚切りを、鉄板などの上で焼いた料理。焼き加減によりレア・ミディアムウェルダンとよぶ。ビフテキ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビーフステーキ

ビフテキとも。上質の厚切牛肉を塩・コショウして鉄板やフライパン,また網などで焼いたもので,焼肉料理ステーキ)の代表。ヒレ肉のテンダーロイン,ロースのサーロイン,骨付のティーボーン,大きく切ったポーターハウス,やや薄切りのミニッツなどがある。
→関連項目ソテー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ビーフステーキ

 ビフテキと俗称する.牛肉を比較的厚く切って,あぶり焼きした料理.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ビーフステーキ【beefsteak】

厚く切った牛肉を焼いた料理。フライパンで焼くほか、炭火焼き・鉄板焼きなどにする。肉の部位や切り方によって、サーロインステーキテンダーロインステーキ(ヒレステーキ)・ティーボーンステーキなどがある。焼き方には火の通りが浅い順に、レアミディアムレアミディアムウェルダンがある。◇「ビフテキ」と略す。また単に「ステーキ」という場合もビーフステーキをさすことが多い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビーフステーキ【beefsteak】

牛肉のステーキ。切身をあぶり焼きか,いため焼きにし,焼目の香ばしさによって引き立てた肉そのもののうまみを味わう料理である。日本ではビフテキともいうが,これはフランス語bifteckのなまりである。
[下ごしらえと焼き方]
 肉は繊維に対して直角に切る。切身は厚みをもたせて,一切れ200gくらいが標準である。肉が柔らかめの場合は,肉たたきで形をととのえる程度に軽くたたく。かための場合はやや強く,繊維をつぶすつもりでたたく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビーフステーキ【beefsteak】

牛のヒレまたはロース肉を厚く切って焼いた西洋料理。焼き加減により、レア・ミディアム・ウエル-ダンに分かれる。ビフテキ。テキ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーフステーキ
びーふすてーき
beef steak

肉の切り身を焼いた牛肉料理の一種。ステーキに適する肉の部位は、最高の部分がサーロイン、ヒレ、リブロースランプなどである。また、一切れの大きさは150~200グラムぐらい、肉の形は小さくなっても厚みが1.5センチメートルぐらいのものが肉汁が含まれていて美味である。[小林文子]

肉の焼き方

ステーキは焼き方がそのうまさを決定するぐらいにたいせつである。焼き方にはブロイル(あぶり網焼き)とパンブロイル(強火のフライパン焼き)がある。ブロイルのほうは、とくにチャコール(炭火)焼きが優れている。パンブロイルでは、フライパンのほかに、厚い鉄板で焼く方法もある。一般の家庭では手軽なフライパン焼きの利用度が高い。[小林文子]

肉の焼き加減

肉は食べる人の好みや肉質によって焼き方を加減する。すなわち、レアrare(生焼き)、ミディアムmedium(中焼き)、ウェルダンwelldone(よく焼いたもの)に大別される。レアは肉の内部温度が50~55℃で、肉の焼き色は内部のほとんどが鮮赤色をしており、ミディアムに加熱した場合よりも肉汁が切り口から多く出てくる。いわゆる生焼きの状態である。ミディアムは肉の内部温度が68℃で、外側表面の焼き色はむらのない茶褐色、内側は桃色で、肉汁もレアより少なくなっている。ウェルダンは肉の内部温度が70~80℃で、外側全体に照りのある茶褐色の焦げ目がつき、内部は白っぽい桃色になり、肉汁も少ない。加熱によって肉は、色、重量、大きさ、脂肪組織、結締組織、筋肉繊維、風味などに変化をおこす。上質肉の生焼きが最高に美味である。[小林文子]

ソース

メートル・ド・テール・バターソースbeurre la matre d'htel、つまりレモンバターソースを用いるのが一般的。これは溶かしたバターにパセリのみじん切りとレモン汁を加えて混ぜ合わせ、パラフィン紙の上に2.5センチメートル径の棒状にして包み、両端を縛って冷蔵庫で冷やす。これを2センチメートル厚さの輪切りにして焼きたてのステーキにのせて供する。なお、西洋ワサビのおろしたものを添える。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビーフステーキの関連キーワードバーベキューステーキミニッツステーキカントリーステーキTボーンステーキステーキ宮T-ボーンステーキあしべ焼きリブステーキフィレ・ミニョン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビーフステーキの関連情報