コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーフン(米粉) ビーフンmi-fen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーフン(米粉)
ビーフン
mi-fen

原料とする麺類一種粳米を水につけ,でひいたものを,熱湯の中に線状に押し出してゆでて麺とし,冷水中で冷やし天日乾燥する。台湾で昔から利用されてきた加工食品。水で戻し,肉類野菜類と油で炒めて食用とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビーフン(米粉)【ビーフン】

中国料理の麺(めん)類の一つ。おもに台湾,中国南部で作られる。うるち米を水に浸して砕き,熱湯で練って麺状に押し出し,ゆでて乾燥する。細くて堅く,水につけたり熱湯に入れてもどして料理する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビーフン【ビーフン(米粉) mǐ fěn】

中国料理の食品の一種。日本でビーフンと呼びならわしているのは,閩南音(福建省南部音)を日常用いる台湾から移入されたからと思われる。南方系の食品で,製法北方に多い春雨によく似ている。米を水に漬けて軟らかくし,臼で泥状にし,袋に入れ脱水(加熱することもある)したものを,底部を多数あけた筒に入れ,沸騰している湯の中に細い線状に強く押し出して加熱後,水にさらし乾燥させて仕上げる。熱湯でもどし具を加えていためて食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のビーフン(米粉)の言及

【米】より

…うるち米を水洗し臼びきして得られる糝粉(しんこ),もち米を水洗し臼びきし多量の水で洗った後乾燥した白玉粉,餅またはもち米を蒸してから乾燥し石臼で粗びきした道明寺粉などがそれである。このほかうるち米の粉を原料としためんの一種であるビーフン,うるち米を蒸して乾燥したα米,同じようにもち米から作る即席餅などの製品もある。また,清酒はもとより,焼酎,みりん,米酢,みそなどの醸造加工にも米は重要な原料となっている。…

※「ビーフン(米粉)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビーフン(米粉)の関連キーワード中国料理

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビーフン(米粉)の関連情報