コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピアツェッタ Piazzetta, Giovanni Battista

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピアツェッタ
Piazzetta, Giovanni Battista

[生]1682.2.13. ベネチア
[没]1754.4.28. ベネチア
イタリアの画家,挿絵画家。木彫家の子に生れ,生地で A.モリナーリに学んだのち,1703年からボローニャに8年間滞在し,G.クレスピの工房で修業。 11年以後ベネチアに定住,50年にベネチア・アカデミーの初代院長となり,G.ティエポロ,G.ラマ,D.フィデリ,A.マリノッティなどの弟子を育成した。代表作『聖フランチェスコの法悦』 (ビチェンツァ市立美術館) ,『女占い師』 (1740,ベネチア・アカデミア美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピアツェッタ

イタリアの画家。ベネチア生れ。ベネチア,ボローニャで学び,カラバッジョ明暗法の影響を受けた。ティエポロとともにベネチア18世紀絵画を代表する画家で,宗教画のほか風俗画や肖像画もよくした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピアツェッタ【Giovanni Battista Piazzetta】

1682か83‐1754
イタリアの後期バロックの画家。ベネチアに生まれ,1703年ボローニャでクレスピのアトリエに学ぶ。11年に帰郷し,多くの注文画を描く。グエルチーノやストロッツィなどの作品に学び,対比の強い明暗法を好む。40‐50年ころが最盛期。50年ベネチア・アカデミーの院長となる。カラバッジョに発する〈テネブリズモtenebrismo〉の一人と見なされ,ティエポロに影響を及ぼす。【木村 三郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピアツェッタ
ぴあつぇった
Giovanni Battista Piazzetta
(1683―1754)

イタリア、ベネチア派の画家。2月13日ベネチアに生まれ、1754年4月9日同地で没した。木彫家の父親ジャコモや画家アントニオ・モリナーリAntonio Molinari(1665―1727)のもとで修業したのち、ボローニャのクレスピGiuseppe Maria Crespi(1597―1630)の門に入り、強い明暗の対比と動的な構図を学んだ。1711年ベネチアの画家組合に登録。『聖ヤコブの殉教』(1717、サン・スタエ聖堂)、『聖フィリッポ・ネリへの聖母の御出現』(1725~27、サンタ・マリア・デッラ・ファバ聖堂)などの初期作品ののち、27年に大作『聖ドメニコの勝利』(サンティ・ジョバンニ・エ・パオロ聖堂)を描き、明るく軽快な画風を確立した。40年代に円熟期を迎え、『女占い師』(1740、ベネチア・アカデミア美術館)、『井戸端のリベカ』(1740ころ、ブレラ美術館)などには生き生きとした賦彩と堅固な構成とがみられ、ティエポロとともに18世紀ベネチア絵画を代表する画家となった。50年にはアカデミアの初代院長になったが、作風はすでに衰えをみせていた。[篠塚二三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ピアツェッタの関連キーワードサン・マルコ図書館サン・マルコ広場ツィック

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android