コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピペラジン piperazine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピペラジン
piperazine

ジアミンの一種。化学式 C4H10N2融点 104℃,沸点 146℃。無色葉状晶。エチレンクロリドとアンモニアから合成される。水,アルコールに可溶で,水溶液は強い塩基性を示し,空気中の二酸化炭素を吸収する。グリセリンにも可溶。塩酸,リン酸,ピクリン酸などと塩をつくる。回虫蟯虫駆虫薬として利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピペラジン【piperazine】

ヘキサヒドロピラジンの別名。無色針状結晶で,融点104℃,沸点145~146℃。強塩基性。水にはよく溶けるが,エチルアルコールに難溶,エーテルに不溶。市販品は通常6水和物C4H10N2・6H2Oで,融点44℃,沸点125~130℃。ピラジンをナトリウムとエチルアルコールで還元すると得られる。アンチモン,ビスマス,金の検出試薬として用いられるほか,駆虫剤としても用いられる。【竹内 敬人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピペラジンの言及

【駆虫薬】より

…(2)マクリおよびカイニン酸 紅藻類のマクリが煎剤として用いられてきたが,その有効成分カイニン酸が抽出あるいは合成され,サントニンとの合剤がカイチュウ駆除に用いられる。(3)ピペラジン カイチュウ,ギョウチュウに有効。アジピン酸塩,リン酸塩などのものが用いられ,通常用量では副作用はない。…

※「ピペラジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ピペラジンの関連キーワードジエチルカルバマジンジケトピペラジンジアミンジアジン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android