コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピペリン piperine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピペリン
piperine

化学式 C17H19NO3融点 130℃の結晶。コショウに含まれる辛み成分の一つ。初め味がないが,あと味がきつい。水,石油エーテルにほとんど不溶エチルアルコールクロロホルム,エーテル,ベンゼン,酢酸に可溶である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ピペリン

 C17H19NO3 (mw285.33).

 黒コショウの成分.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ピペリンの関連キーワードエールステッドピペリジンペパー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピペリンの関連情報