コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュジェ Puget, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピュジェ
Puget, Pierre

[生]1620.10.16. マルセイユ近郊
[没]1694.12.2. マルセイユ
フランスの彫刻家,画家,建築家。 1640~43年に P.コルトナの弟子としてローマのバルベリーニ宮,フィレンツェのパラッツォ・ピッティの天井装飾に従事。 43~56年はマルセイユ,ツーロンで主として画家として活躍。 59年パリに招かれ,ルイ 14世の宰相フーケの注文で作品を制作したが,フーケの失脚後はジェノバ彫刻家として活躍。 69年以後はツーロンとマルセイユに居住。フランスのバロック期の最も個性的な彫刻家として知られた。主要作品はベルサイユ宮殿の庭園を飾った大理石像群『クロトナのミロ』 (1671~84,ルーブル美術館) ,浮彫『アレクサンダーとディオゲネス』 (71~93,同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピュジェ

フランスの彫刻家。マルセイユ生れ。2度のイタリア旅行でベリーニピエトロ・ダ・コルトナの影響を受けたが,より劇的な動感と精緻(せいち)な写実による個性的な作風をもつ。
→関連項目バロック

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピュジェ【Pierre Puget】

1620‐94
フランスの彫刻家。マルセイユ生れ。ローマでピエトロ・ダ・コルトナに学び,初期の作品(トゥーロン市庁舎の〈アトランテス〉,1656‐57)にはその影響がうかがえる。1661年よりジェノバに滞在。当地で《セバスティアヌス》《処女懐胎》など,ドラマティックな作品を手がける。67年帰国。ローマのバロック様式のフランスにおける継承者といえるが,バロックとしては抑制された様式を示す。《クロトーナのミロン》(1682)で成功したが,作風はルイ14世好みの〈古典主義〉とは異なり,宮廷に受け入れられず孤立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピュジェ
ぴゅじぇ
Pierre Puget
(1620―1694)

フランスの彫刻家。マルセイユの近郊に生まれる。イタリアでピエトロ・ダ・コルトーナに師事し、マルセイユに戻って制作していたが、1659年パリに出て、フランス、イタリア各地に活躍。コルベールの依頼により『クロトンのミロ』(1683・ルーブル美術館)、『ペルセウスとアンドロメダ』(1684・同)をつくり一時は名声を得るが、バロック様式の激しい造形はルイ14世の古典主義的趣向とあわなかったため、アカデミーに受け入れられず、ベルサイユ宮殿の装飾彫刻家から除外されてしまう。性格的にも職人的で妥協を許さず、「プロバンスのミケランジェロ」と称されたこともある。イタリア・バロック彫刻のフランスにおける唯一の継承者であった。[染谷 滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のピュジェの言及

【バロック美術】より

…ベルサイユ宮殿の庭園を飾ったのは,フランス・アカデミズムのもっとも典型的な彫刻家ジラルドンである。彼の作品にはヘレニズム期の作品と共通する宮廷的優美さがあり,その作風は,カトリック的激情を表現するピュジェをおいて,フランスの彫刻の主流となった。 ルイ14世時代には,多くの点で,イタリアやスペインのカトリック的バロックの激情とは一線を画し,宮廷的品位を保とうとする文化的努力が看取される。…

※「ピュジェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピュジェの関連キーワードオーストラリア・ニュージーランド文学ベリーニ[一族]10月16日バロック美術ファルコネブランキ染谷

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android