ピレトリン(英語表記)pyrethrin

翻訳|pyrethrin

百科事典マイペディアの解説

ピレトリン

ピレスロイドとも。除虫菊の殺虫有効成分。化学的にはピレトリンI,II,シネリンI,IIなどからなる淡黄色粘稠(ねんちゅう)の油状物質。昆虫の気門や表皮から体内に入り神経を麻痺(まひ)させる。殺虫力は強いが人畜毒性はきわめて低い。残効が弱いのが欠点。蚊取線香のほか,粉剤,乳剤,エキスなどにして用いる。
→関連項目ジョチュウギク(除虫菊)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピレトリン【pyrethrin】

ジョチュウギク(シロバナムシヨケギク)の花に含まれる天然殺虫性物質で,原産地である中央アジア,カフカス地方で,19世紀に入りその乾燥花が殺虫剤として用いられ始めた。現在では,アフリカのケニア,タンザニアが主生産国である。ジョチュウギクの殺虫成分はピレスロイドと総称され,ピレトリンI,II,シネリンI,II,ジャスモリンI,IIの6種からなる。いずれもシクロプロパン環を有する酸と5員環環状ケトンアルコールとのエステル体である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ピレトリン【pyrethrin】

乾燥した除虫菊の花から抽出される殺虫成分の総称。ピレトリンⅠ・ピレトリンⅡ・シネリンⅠ・シネリンⅡなどがある。黄色粘性の油状物質で、空気中で酸化されやすい。昆虫類に接触毒性を示す。殺虫剤に用いる。ピレスロイド。類似の合成ピレスロイドが開発されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android