コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳剤 にゅうざい emulsion

翻訳|emulsion

5件 の用語解説(乳剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳剤
にゅうざい
emulsion

脂肪,脂肪油または水に不溶性医薬品を水中に微細均等に分散し,乳状とした液剤。通常,水中油型乳剤である。乳化剤は懸濁化剤 (→懸濁剤 ) と同様で,油と水の間の界面張力を低下させて乳化を促す界面活性剤が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐ざい【乳剤】

水に溶けない物質に乳化剤を加え、水と混和させてつくった乳白色の液体。単に写真用フィルムや印画紙の感光材料を指すこともある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

乳剤

 フィルムの感光材料で、セルローストリアセテートやエスター(ポリエチレンテレフターレートポリエステル)などのフィルムベースの上に塗布されているのが乳剤である。ゼラチンに塩化銀、臭化銀、沃化銀などを混入したもので、塗布する前はミルクのような乳白色をしていたために乳剤と呼ばれた。emulsion。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にゅうざい【乳剤】

水に難溶の液状薬品を乳化し,微細均質に分散した液剤。 → エマルション

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳剤
にゅうざい

医薬品を液中に微細均等に乳化した液剤。すなわち、乳剤は液状の医薬品に乳化剤と精製水(注射剤の場合には注射用蒸留水)を加え、適当な方法で乳化し、全質均等としたものである。内用には、肝油乳剤、ひまし油乳剤など服用しにくい油状の医薬品の投与法として古くはよく用いられたが、現在ではほとんど使用されていない。注射用には静脈注射用の脂肪乳剤が栄養補給脂肪酸の補給のため、経口栄養不可能な患者に繁用されている。精製植物油にダイズまたは卵黄レシチンを加え、乳化剤としてグリセリンを配合し、注射用蒸留水中で乳化してつくる。このような乳濁性注射液中の粒子(油球)の大きさは7マイクロメートル以下と、日本薬局方で規定している。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳剤の関連キーワード硫化カルシウム水禍ソルビン酸水にする水に流す水になる水に慣れるメチルレッドニトログリコールアニス酸

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乳剤の関連情報