コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳剤 にゅうざいemulsion

翻訳|emulsion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳剤
にゅうざい
emulsion

脂肪,脂肪油または水に不溶性の医薬品を水中に微細均等に分散し,乳状とした液剤。通常,水中油型乳である。乳化剤は懸濁化剤 (→懸濁剤 ) と同様で,油と水の間の界面張力を低下させて乳化を促す界面活性剤が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

乳剤

 フィルムの感光材料で、セルローストリアセテートやエスター(ポリエチレンテレフターレートポリエステル)などのフィルムベースの上に塗布されているのが乳剤である。ゼラチンに塩化銀、臭化銀沃化銀などを混入したもので、塗布する前はミルクのような乳白色をしていたために乳剤と呼ばれた。emulsion。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうざい【乳剤】

水に難溶の液状薬品を乳化し、微細均質に分散した液剤。 → エマルション

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳剤
にゅうざい

医薬品を液中に微細均等に乳化した液剤。すなわち、乳剤は液状の医薬品に乳化剤と精製水(注射剤の場合には注射用蒸留水)を加え、適当な方法で乳化し、全質均等としたものである。内用には、肝油乳剤、ひまし油乳剤など服用しにくい油状の医薬品の投与法として古くはよく用いられたが、現在ではほとんど使用されていない。注射用には静脈注射用の脂肪乳剤が栄養補給、脂肪酸の補給のため、経口栄養の不可能な患者に繁用されている。精製植物油にダイズまたは卵黄レシチンを加え、乳化剤としてグリセリンを配合し、注射用蒸留水中で乳化してつくる。このような乳濁性注射液中の粒子(油球)の大きさは7マイクロメートル以下と、日本薬局方で規定している。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

乳剤の関連キーワードディジタルグレイスケール焼き出しハーシェル効果多層式カラーフィルムエマルションナンバー焼き出し効果(写真)クロロブロマイド紙コールドクリームポラロイドカメラカラーフィルムブロマイド紙東亜道路工業X線フィルム沃化カリウムハレーションエマルションデリス乳剤原子核乾板ボルドー液硬膜定着液ガラス乾板

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android