コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピークカット ピークカット

2件 の用語解説(ピークカットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピーク‐カット

《〈和〉peakcut》夏の冷房、冬の暖房などによってできる電力需要のピーク(頂点)を低く抑えること。複数の電源を組み合わせる、夜間の低需要時に蓄電する、ピークシフトに協力金を支払う、などさまざまな方法がある。ピークに合わせて作る発電施設への設備投資を控えることができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピークカット
ぴーくかっと

夏の冷房、冬の暖房などによって生まれる、日単位あるいは年単位の電力需要のピーク(頂点)を低く抑えること。ピークカットは和製英語で、本来の英語はpeak shaving。エネルギー源の多くを海外に頼る日本では、オイル・ショック以来、省エネルギーの必要性が認識されてきたが、2011年(平成23)の東京電力福島第一原子力発電所事故以降、ピークカットという形で注目されるようになった。通常、電力供給力が最大使用電力をどの程度上回っているかを示す電力予備率が3%を割り込むと、強制的なピークカットが必要になるとされている。恒常的にピークカットを達成できれば、電力需要のピークにあわせて設計する発電設備への投資を減少させる効果があるとされる。
 ピークカットにはさまざまな手法があり、強制的手法として、福島第一原子力発電所事故後にとられた計画停電など、電力使用を規制・制限する方法がある。経済的手法としては、ピーク時間帯の電気料金を高めに、それ以外の時間帯を低めに設定する方法や、電力需要のピーク時間帯を避けて電気を使うピークシフトに報奨金や協力金を支払う手法などがある。これらの経済的手法は、消費者や企業などにピーク時の電力使用を控えるよう呼びかける、家電などの節電ノウハウを普及させるなどの、消費者に広く啓蒙(けいもう)する手法と組み合わせることが有効とされている。さらに、供給力を高めることで、相対的に最大需要を低く抑える手法も、広義にはピークカット手法に含まれる。たとえば、消費電力を低く抑えた省エネ機器を普及させる、夜間などの低需要時に蓄電する、ピーク時に集中的に電力を供給できる揚水発電など複数電源を組み合わせる、大規模事業所による自家発電設備の導入を促す、などが該当する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピークカットの関連キーワード大坂夏の陣ウインドーファンオープンカット冷房病冷房装置クール・ビズcut-off ratecut-petaled hibiscuscut-throat competitionpeak

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピークカットの関連情報