コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファエドルス ファエドルスPhaedrus, Gaius Julius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファエドルス
Phaedrus, Gaius Julius

1世紀に活躍したローマの寓話詩人。トラキア出身,アウグスツス帝の解放奴隷。『イソップ寓話集』 Fabulae Aesopiae (5巻) は,ラテン文学最初の寓話集で,ギリシアの原作に基づき,笑話,逸話,当世への風刺などを加えてイアンボス詩形で歌ったもの。一部が現存する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファエドルス【Gaius Julius Phaedrus】

1世紀ごろのローマの寓話作家。生没年不詳。ギリシア名ファイドロスPhaidros。トラキア生れの奴隷であったが,イタリアで教育を受け,アウグストゥス帝によって自由人とされた。前4世紀ごろのデメトリオスの《イソップ寓話》集成をもとにイアンボス調の5巻の寓話詩を書いた。動物寓話のみでなく,民話,同時代に取材した自作品を含む。93編の作品に,15世紀のスピントの司教ペロッティN.Perottiの写本中に発見された53編が付録として加えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ファエドルス【Phaedrus】

一世紀頃の古代ローマの寓話作家。主にアイソポス(イソップ)の寓話に依拠し自作のものをも含めた五巻の寓話詩を著した。後、散文体の寓話集成「ロムルス」に含まれて中世に流布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファエドルス
ふぁえどるす
Phaedrus
(前15ころ―後50ころ)

古代ローマの寓話(ぐうわ)詩人。マケドニア生まれの奴隷で、アウグストゥス帝によって解放された。イアンボス詩形による彼の『寓話集』はいわゆる「イソップ物語」のほかに、彼自身が考察した笑話、逸話、時代を風刺する小話なども含む。今日では、近世になって別の写本に発見されたもの、散文に書き換えられて中世に愛読されたものも加えられている。[中山恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のファエドルスの言及

【イソップ物語】より


[ラテン語版]
 2世紀の随筆家ゲリウスの引用から,前3世紀の詩人エンニウスがすでに《イソップ物語》をラテン詩に移したことが知られる。しかし,最も有名なものはファエドルスによるイアンボス調のラテン語訳である。これは現存する。…

【ラテン文学】より

…またそのほかの散文作家には,小説《サテュリコン》の作者ペトロニウス,百科全書《博物誌》の著者の大プリニウス,《書簡集》を残した雄弁家の小プリニウス,農学書を残したコルメラ,2世紀に入って,《皇帝伝》と《名士伝》を著した伝記作家スエトニウス,哲学者で小説《黄金のろば(転身物語)》の作者アプレイウス,《アッティカ夜話》の著者ゲリウスなどがいる。 詩の分野ではセネカの悲劇のほかに,叙事詩ではルカヌスの《内乱(ファルサリア)》,シリウス・イタリクスの《プニカ》,ウァレリウス・フラックスの《アルゴナウティカ》,スタティウスの《テバイス》と《アキレイス》など,叙事詩以外ではマニリウスの教訓詩《天文譜》,ファエドルスの《寓話》,カルプルニウスCalpurniusの《牧歌》,マルティアリスの《エピグランマ》,それにペルシウスとユウェナリスそれぞれの《風刺詩》などがみられる。2世紀初頭に創作したユウェナリスのほかはすべて1世紀の詩人たちである。…

※「ファエドルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファエドルスの関連キーワードイソップ物語アイソポスロムルス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android