コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファラダ ファラダ Fallada, Hans

3件 の用語解説(ファラダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファラダ
ファラダ
Fallada, Hans

[生]1893.7.21. グライフスワルト
[没]1947.2.5. ベルリン
ドイツの小説家。本名 Rudolf Ditzen。 1920年代のノイエ・ザハリヒカイト (新即物主義) の作家として出発し,ナチス時代にも活躍を続けた。小市民の日常生活に取材し,ルポルタージュ風の綿密な描写による社会小説を本領とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ファラダ【Hans Fallada】

1893‐1947
ドイツの小説家。本名ディッツェンRudolf Ditzen。農場事務員,新聞広告代理業者などをつとめたのち,1932年長編《小さき男よ,さてどうする》を発表。失職した若い元店員とけなげな妻との生活を物語の軸としたこの小説をはじめ,《ひとたびブリキの椀で食った者は》(1934),《狼たちの中のウォルフ》(1937)などの長編小説において,1920年から30年にかけてのインフレーションと失業の時代を,簡潔な文体で生き生きと描き,最も大衆的な人気をもつ作家となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファラダ
ふぁらだ
Hans Fallada
(1893―1947)

ドイツの小説家。本名Rudolf Ditzen。ワイマール共和国末期の小市民のよるべなさを描いた長編『細民よ、どうする』(1932)で、一躍ベストセラー作家となった。ナチス時代も国内にとどまり、『一度くさいメシを食ったものは』(1934)、『狼(おおかみ)どものなかの狼』(1937)など、消極的な抵抗の姿勢を込めた佳作を相次いで発表したが、ついにアルコール中毒にかかり、矯正施設に入れられた。敗戦後、死の直前に完成した『だれもがひとりで死んでいく』(1947)は、ナチス支配に対する孤独な抵抗とその挫折(ざせつ)を感動的に描いている。[池田浩士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファラダの関連キーワードバイツェンビールボーツェンJMクッツェーF. スコット・フィッツジェラルドクロイツェルドイツの小さな町バンディッツ三つの眼カッツェンブッケル岩フリッツェ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファラダの関連情報