コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファラダ Fallada, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファラダ
Fallada, Hans

[生]1893.7.21. グライフスワルト
[没]1947.2.5. ベルリン
ドイツの小説家。本名 Rudolf Ditzen。 1920年代のノイエ・ザハリヒカイト (新即物主義) の作家として出発し,ナチス時代にも活躍を続けた。小市民の日常生活に取材し,ルポルタージュ風の綿密な描写による社会小説を本領とする。『おっさん,どうする?』 Kleiner Mann,was nun? (1932) は当時ベストセラーとなり,各国語に翻訳された。ほかに『一度臭い飯を食った者は』 Wer einmal aus dem Blechnapf frisst (34) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファラダ【Hans Fallada】

1893‐1947
ドイツの小説家。本名ディッツェンRudolf Ditzen。農場事務員,新聞広告代理業者などをつとめたのち,1932年長編《小さき男よ,さてどうする》を発表。失職した若い元店員とけなげな妻との生活を物語の軸としたこの小説をはじめ,《ひとたびブリキの椀で食った者は》(1934),《狼たちの中のウォルフ》(1937)などの長編小説において,1920年から30年にかけてのインフレーションと失業の時代を,簡潔な文体で生き生きと描き,最も大衆的な人気をもつ作家となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファラダ
ふぁらだ
Hans Fallada
(1893―1947)

ドイツの小説家。本名Rudolf Ditzen。ワイマール共和国末期の小市民のよるべなさを描いた長編『細民よ、どうする』(1932)で、一躍ベストセラー作家となった。ナチス時代も国内にとどまり、『一度くさいメシを食ったものは』(1934)、『狼(おおかみ)どものなかの狼』(1937)など、消極的な抵抗の姿勢を込めた佳作を相次いで発表したが、ついにアルコール中毒にかかり、矯正施設に入れられた。敗戦後、死の直前に完成した『だれもがひとりで死んでいく』(1947)は、ナチス支配に対する孤独な抵抗とその挫折(ざせつ)を感動的に描いている。[池田浩士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ファラダの関連キーワードガチョウ番の娘7月21日池田浩士

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファラダの関連情報