コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーラービー ファーラービー al-Fārābī, Muḥammad ibn Muḥammad ibn Tarkhān Abū Naṣr

4件 の用語解説(ファーラービーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファーラービー
ファーラービー
al-Fārābī, Muḥammad ibn Muḥammad ibn Tarkhān Abū Naṣr

[生]872頃.トルキスタン
[没]950頃.ダマスカス近郊
中央アジア生まれのイスラム哲学者。ラテン名アルファラビウス Alfarabius。ホラーサーンバグダードで哲学,医学,数学を学び,晩年をアレッポのサイフッ・ダウラの宮廷でおくった。アリストテレス新プラトン主義の影響を受け,人間の霊魂における理性を受動理性,現実理性,獲得理性に分類,さらにアリストテレスのいう第1原因 (神) と人間理性との間を仲介する形而上的存在としての能動理性の概念を導入し,真理は能動理性から哲学者の受動理性へと伝えられるが,啓示は想像力の働きであり,理性の補助にすぎないとして,哲学を宗教より上位においた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ファーラービー

アラブの哲学者。ラテン名アルファラビウスAlpharabius。アリストテレスの注釈を行い,イスラム世界ではアリストテレスに次ぐ〈第二の師〉と称される。ギリシア哲学イスラム化に多大の貢献をし,プラトンの《国家》をとり入れたユニーク社会哲学の書《理想国家論》を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ファーラービー【al‐Fārābī】

870ころ‐950
アラブの哲学者。ラテン名アルファラビウスAlpharabius。中央アジアのファーラーブ地方のワシージュに生まれたトルコ系のアラブ人ブハラで音楽を学び,メルブネストリウス派キリスト教徒ユーハンナー・ブン・ハイラーンについて論理学を修め,さらにバグダードで哲学・数学・科学を研究した。ハムダーン朝の君主サイフ・アッダウラの下で活躍した後,ダマスクスで没。彼はイスラム世界ではアリストテレスに次いで〈第二の師〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファーラービー
ふぁーらーびー
al-Frb
(870ころ―950)

アラブの哲学者。中央アジアのファーラーブ近郊に生まれる。トルコ系の人といわれている。幼年時代にバグダードに出て医学、哲学などを学ぶ。イスラム哲学史上、アリストテレスに次ぐ大学者とみなされ、「第二の師」という尊称を冠せられている。彼の在世中に十二イマーム派シーア派の一)の活動が盛んになり、彼もこの運動となんらかのかかわりがあったと考えられている。シリアのアレッポの太守で十二イマーム派の信者サイフ・アッダウラ(916―967)の厚遇を一時期得たが、ファーラービーは質朴清貧を好み、1日に銀貨4枚の俸給しか受け取らなかったという。晩年はダマスカスに住み、そこで生涯を終えた。
 彼の著作はきわめて多岐にわたるが、なかでもアリストテレスの論理学、自然学、倫理学などについて優れた注釈を書いている。イスラム哲学史上最初の体系的思想家として、流出論的世界観に基づく形而上(けいじじょう)学を樹立している。世界を第一者である神の段階的流出現象とみて、人間理性はこの流出過程を下位から上位に向け認識を高めることで発達していくと考える。こうした世界観に基づいて独自の理想国家論を展開している。すなわち、国家の指導者はこのような認識方法により理性が最高に発達した人物がなるべきで、そういう人物の指導の下に理性の発達段階に応じ、人物が適材適所に配置され秩序ある社会が実現されるべきだと考えた。主著として『理想国家論』などがある。[松本耿郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファーラービーの言及

【イスラム哲学】より

…イスラム哲学は,コーランを真理の唯一の根拠となすイスラム神学・法学と緊張関係をもちつつ発展していく。キンディーに次いでファーラービーが現れた。彼はイスラム哲学における存在論の開拓者である。…

【ウード】より

…以後ウードは改良を加えられながら,音楽理論や音組織を論じるさいにとり上げられるようになった。音楽学者ファーラービーはじめ音楽家,理論家たちは著書の中で,音組織の実験の土台としてウードをもちいている。なお,ウードは十字軍とともに,またスペインを経て中世ヨーロッパに入り,リュートの祖となった。…

【光の形而上学】より

… アウグスティヌスは,知的光たる神が真理の必然性と永遠性を人間精神に開示するとの照明説を唱え,偽ディオニュシウスは,感覚的な光は神的な光の内在と超越を象徴するものとみなし,万物が〈光の父〉なる神から発出・放射し,還帰することを説き,キリスト教的象徴主義の一大源泉となった。一方アラビアでは,アリストテレスにつぐ第二の師と尊称されたファーラービーにより,宇宙の階層的構造形成に関して英知体とその発出の理論が展開され,イブン・シーナーに継承された。また東方イスラムでは〈照明学派の長老〉スフラワルディーが新プラトン主義を古代ペルシアのゾロアスター教神智学と融合させ,全宇宙の現象を本源的な〈光の光nūr al‐anwār〉の階層的発出とみなす説を唱えて東方神智学を完成させた。…

※「ファーラービー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファーラービーの関連キーワードトルキスタン東トルキスタン共和国パキスタニーアフガン・トルキスタントルキスタン[自治共和国]《トルキスタン》トルキスタン型氷河トルキスタン・シベリア鉄道西トルキスタン東トルキスタン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone