コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアレス フアレスJuárez, Benito (Pablo)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フアレス
Juárez, Benito (Pablo)

[生]1806.3.21. オアハカ,ゲラタオ
[没]1872.7.18. メキシコシティー
メキシコ近代化の基礎を築いた政治家。レフォルマを推進し「改革の父」と敬称される。貧しい先住民 (インディオ) のサポテカ族の出身。 1829年オアハカ師範学校に入学,32年州議会議員,34年弁護士,42年民事裁判所判事を経て,47年オアハカ州知事。 53年 A.サンタ・アナに反抗したかどで知事を解任され,投獄。その後まもなく追放され,ニューオーリンズに逃れた。 54年自由主義者のアユトラ革命に参加,サンタ・アナ駆逐後の J.アルバレス革命政権のもとで司法長官となり,聖職者や軍人の裁判上の特権を廃止するなどの内容を盛込んだ「フアレス法」を制定し,改革運動の第1歩を踏出した。 55年オアハカ州知事に再任,57年には最高裁判所長官と内務長官に就任。 58年国内戦の勃発に伴い I.コモンフォルトの後継大統領に任命され,59年に教会財産没収法を発令して近代化の障害となっていた反動的教会勢力を打倒した。 61年正式に大統領に選ばれたが,改革推進による国家財政窮乏により外債支払いを2年間停止したため,これを不満とするフランスイギリススペインの武力干渉を受け,63年にはメキシコシティーがフランス軍に占領されてマクシミリアンが帝位についた。北部に撤退したフアレスは抵抗を続け,ケレタロの戦いでこれを破り,67年大統領に再選。 71年の選挙でも P.ディアスを押えて再選された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フアレス

メキシコの政治家。インディオ出身。1854年の革命を契機に,法相として軍人・教会の特権を廃止した〈ファレス法〉を制定。1858年臨時政府を樹立,〈レフォルマ法〉を断行し,教会と国家の分離をはかり,1861年大統領に就任。
→関連項目オアハカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フアレス【Benito Juárez】

1806‐72
メキシコ大統領。M.イダルゴがメキシコの〈独立の父〉とすれば〈建国の父〉に相当する彼は,サポテカ族出身で,13歳までスペイン語を話さなかった。1830年代にオアハカで政界に入り,48年に州知事に就任し,インディオ社会の保護,師範学校創立,軍隊再編成を手がけた。しかし,53年に復活したサンタ・アナによってM.コモンフォルト,M.オカンポら自由主義者とともに国外追放になる。54年にアユトラ革命が起こりJ.アルバレスが革命評議会を樹立したとき,司法長官(1855)に任命され,軍人,教会の特権を廃止した〈フアレス法〉を制定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フアレス【Benito Juárez】

1806~1872) メキシコの政治家。1855年の自由主義革命後に、教会と軍隊の特権を廃止。内戦ののち大統領となり、フランスの武力干渉を排除。メキシコの近代化・民主化に努めた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フアレス
ふあれす
Benito Jurez
(1806―1872)

メキシコ自由主義革命(レフォルマ)の指導者、大統領(在任1858~72)。南部オアハカ州の貧しい先住民(サポテカ人)の家に生まれ、オアハカで聖職者になるべく教育を受け、やがて弁護士となった。その後自由派の政治家として活躍、1847年には州知事となったが、53年保守派のサンタ・アナに追われてアメリカへ亡命した。54年の自由主義革命を支持し、55年帰国して革命政府の法相に任命され、カトリック教会や軍隊の裁判上の特権を廃止する法律(フアレス法)を公布した。57年には新憲法が制定されたが、同年末これに反対する保守派のクーデターが成功したので、翌58年ベラクルスに臨時革命政府を樹立して大統領に就任、59年には教会財産没収法などを公布して戦いを続け、60年勝利した。しかし62年、外債不払いを機にイギリス、フランス、スペインの3国が軍事介入し、フランス軍は首都を占領してマクシミリアンを皇帝につけたが、フアレスはこれを撃退して独立を守った。戦後は軍備縮小、教育の充実、鉄道建設自由貿易民主主義の確立などに努力したが、大統領在任中に病気で急死した。[野田 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフアレスの言及

【レフォルマ】より

…メキシコ史の用語で〈改革時代〉と訳される。狭義にはメキシコの三年戦争と呼ばれる改革戦争(1858‐61)を指すが,むしろ,1854年A.L.deサンタ・アナ失脚後マクシミリアン皇帝の君主政が崩壊し,B.フアレスが大統領に再選される時期(1867)までの,保守陣営と革新派勢力との一連の闘争時期を意味すると考えるのが妥当である。そのため,レフォルマは相反する主義主張の陣営が,自己の確信する政治理念に従って,メキシコ独立以来の混迷と国土の荒廃状態から脱して,近代国家へ転換するため,建国の礎をいかに完成させるかを模索する苦悩の時代といえる。…

※「フアレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フアレスの関連キーワードナポリ王国フランツ大陸封鎖フランツ[2世]デーナ伴蒿蹊日本の団地榛名神社革命暦加納諸平

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フアレスの関連情報