コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィラレーテ(英語表記)Filarete

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィラレーテ
Filarete

[生]1400頃. フィレンツェ?
[没]1469頃. ローマ
イタリア,ルネサンス時代の彫刻家,建築家。本名 Antonio di Pietro Averlino (Averulino)。教皇エウゲニウス4世の依頼を受けて,1433~45年ローマの旧サン・ピエトロ大聖堂(→サン・ピエトロ大聖堂)の青銅扉の浮彫制作に従事。1451年以降ミラノのフランチェスコ・スフォルツァの庇護を受けた。建築の作品にはミラノの病院オスペダーレ・マジョーレ(1457~65,完成 18世紀)がある。著書に,理想都市「スフォルツィンダ」の構想を述べた『建築論』Trattato d'architettura(1460~64頃)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィラレーテ【Filarete】

1400ころ‐69ころ
初期ルネサンスのイタリアの彫刻家,建築家。本名アントニオ・ディ・ピエトロ・アベルリーノAntonio di Pietro Aver(u)lino。自称のフィラレーテは美徳と愛を意味するギリシア語からの造語。1433年生都フィレンツェからローマに出てサン・ピエトロ大聖堂正面銅扉を制作,45年に完成させた。47年聖遺物どろぼうの嫌疑をかけられてローマから追放され,北イタリアを放浪したのち建築家としてミラノ公に仕えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android