フィリッポス(2世)(読み)ふぃりっぽす(英語表記)Philippos Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィリッポス(2世)
ふぃりっぽす
Philippos
(前382―前336)

マケドニア王(在位前359~前336)。アレクサンドロス大王の父。後進のマケドニアを一躍ギリシア北辺の強国たらしめた。軍制や戦術を改革し、隣接する地域を逐次併呑(へいどん)するとともにパンガイオン金鉱を獲得(前356)して富力をもつけた。紀元前354年以降ギリシアに介入し、アテネと対立。弁論家デモステネスは激しく彼を弾劾して、諸ポリスの反マケドニア連合を遊説した。他方、政論家イソクラテスのように、彼にギリシア救済を期待する人もいた。前338年8月2日、中部ギリシアのカイロネイアにアテネ・テーベ連合軍を破り、全ギリシアへの支配を確立。10月コリント会議を招請して、諸ポリスの自立保全、武力紛争の禁止、秩序の現状安堵(あんど)、陸海交通の安全などをうたったいわゆる「共同平和」(コイネー・エイレーネー)を宣言させ、スパルタを除く全ギリシアのヘラス連盟を結成して盟主となった。翌年総会で連盟の事業としてペルシア征討を決議、その実行を目前に暗殺された。その人物評価は毀誉褒貶(きよほうへん)をもって伝承されてきたが、彼は有能な武人のみならず現実政治家また外交家としても英邁(えいまい)、また早くからギリシア文化の摂取に努めた開明型の君主だった。1977年、サロニカ西方60キロメートルの寒村ベルイナBerginaで、彼とその王族のものらしい豪奢(ごうしゃ)な墳墓が発掘された。[金澤良樹]
『原隨圓著『アレクサンドロス大王の父』(1974・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android