コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隣保同盟 リンポドウメイ

6件 の用語解説(隣保同盟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りんぽ‐どうめい【隣保同盟】

《〈ギリシャAmphiktyonia》古代ギリシャで、神殿の維持や祭礼の挙行のため、近隣のポリス都市国家)や部族が結んだ同盟。アンフィクティオニア

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

隣保同盟【りんぽどうめい】

古代ギリシア語でアンフィクティオニアamphiktioniaといい,信仰や神殿を通じて結ばれたポリスの同盟。その政治的意義は小さい。最も重要なものはテルモピュライのデメテル信仰に発したデルフォイアポロン神殿を中心としたもの。
→関連項目フィリッポス[2世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんぽどうめい【隣保同盟 amphiktyonia】

古代ギリシアで,由緒ある神殿を中心として相当数の種族やポリスが結んだ同盟。共同で祭典を主催することが第一の目的であるが,各種の競技なども催されたため,文化や市場の発達にも貢献した。もちろん政治的団結の機能を果たすこともあったが,そこから本格的な政治的結合体へと進むことはなかった。小アジア西岸では,クニドス,コスなど,南部のドリス系6市が,トリオピオン岬のアポロン神殿を中心に6都市連合(ヘクサポリス)を形成し,中部のイオニアギリシア人の12都市(ミレトス,サモスなど)が,ミュカレ岬のポセイドン神殿を中心に連合していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りんぽどうめい【隣保同盟】

古代ギリシャで、神殿と祭祀さいしの保護・維持のため、近隣のポリスや種族が結んだ同盟。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隣保同盟
りんぽどうめい

アンフィクチオニア」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隣保同盟
りんぽどうめい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の隣保同盟の言及

【神聖戦争】より

…古代ギリシアで,デルフォイとその神域を冒瀆した都市に対して,隣保同盟が行った一連の戦争。第1次神聖戦争は前6世紀初め,神域の支配権を主張し巡礼者に課税したクリサKrisaの住民からデルフォイを解放するため行われた。…

※「隣保同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

隣保同盟の関連キーワード都市同盟(古代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone