隣保同盟(読み)リンポドウメイ

百科事典マイペディアの解説

隣保同盟【りんぽどうめい】

古代ギリシア語でアンフィクティオニアamphiktioniaといい,信仰神殿を通じて結ばれたポリスの同盟。その政治的意義は小さい。最も重要なものはテルモピュライのデメテル信仰に発したデルフォイアポロン神殿を中心としたもの。
→関連項目フィリッポス[2世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんぽどうめい【隣保同盟 amphiktyonia】

古代ギリシアで,由緒ある神殿を中心として相当数の種族やポリスが結んだ同盟。共同で祭典を主催することが第一の目的であるが,各種の競技なども催されたため,文化や市場の発達にも貢献した。もちろん政治的団結の機能を果たすこともあったが,そこから本格的な政治的結合体へと進むことはなかった。小アジア西岸では,クニドスコスなど,南部のドリス系6市が,トリオピオン岬のアポロン神殿を中心に6都市連合(ヘクサポリス)を形成し,中部のイオニア系ギリシア人の12都市(ミレトス,サモスなど)が,ミュカレ岬のポセイドン神殿を中心に連合していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りんぽ‐どうめい【隣保同盟】

〘名〙 (Amphiktyonia の訳語) 古代ギリシアで神殿と祭祀を中心に結合した部族、都市の同盟。デルフォイのものが最も有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

隣保同盟
りんぽどうめい
amphiktyonia

古代ギリシアで同じ神への信仰をもつポリスが親善・安全保障を目的として結んだ同盟
定期の大祭と競技が行われ,デルフィのアポロン神を中心とするものが最も歴史が古く有名である。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の隣保同盟の言及

【神聖戦争】より

…古代ギリシアで,デルフォイとその神域を冒瀆した都市に対して,隣保同盟が行った一連の戦争。第1次神聖戦争は前6世紀初め,神域の支配権を主張し巡礼者に課税したクリサKrisaの住民からデルフォイを解放するため行われた。…

※「隣保同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報