コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピンワシ Pithecophaga jefferyi; Philippine eagle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリピンワシ
Pithecophaga jefferyi; Philippine eagle

タカ目タカ科。別名サルクイワシ。全長 90~100cmで,タカ類では世界最大の一種として知られる。背面は暗褐色で,下面は白い。強大なと爪をもち,頭上に褐色の冠羽(→羽冠)がある。フィリピンのみに分布する。大部分がミンダナオ島に,ごく少数がレイテ島ルソン島サマル島などに生息するが,全体の生息数はきわめて少なく,絶滅が心配されている。熱帯雨林にすみ,翼手類からサル類,シカ類におよぶ哺乳類や鳥類を獲物にしている。かつてサル類を主食にしていると誤解されていたが,それは単に調べた標本にサル類の遺物があったためである。獲物のほとんどが,サルの仲間ではないヒヨケザルだったという記録もある。(→ワシ猛禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フィリピンワシの関連キーワードハミギタン山地野生生物保護区猿喰鷲アポ山

フィリピンワシの関連情報