コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィールドアスレチック フィールドアスレチック

4件 の用語解説(フィールドアスレチックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィールドアスレチック
フィールドアスレチック

丸太や綱などでつくられた野外運動用施設の商標。 1960年代に,失われた自然を取り戻し,その自然のなかで身体を鍛え健康を取り戻そうとして考えられた。走・跳・投を交互に組み込んだ,いわゆるトリム運動を基本とし,さらに,併設された社交施設による地域住民の交流も考慮された,有機的身体運動場ともいうべき施設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フィールド‐アスレチック(Field Athletic)

自然の地形や木立などを利用したコース上に、障害物や道具類を配置し、それを次々に通過して体力づくりをするスポーツ。また、そのコース。商標名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フィールドアスレチック

field+athletics〕
自然の地形や木立などを利用したコース上に丸太や綱などで作った種々の設備を設け、そこを次々に通過することで筋力・平衡感覚などを養うスポーツ。また、その施設。商標名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィールドアスレチック
ふぃーるどあすれちっく
field-athletics

森や山野の自然の地形や立木をそのまま利用し、丸太やロープを用いてつくられた野外運動用施設。また、その施設を使い、運動し、楽しみながら健康づくりができる野外活動システムのことである。
 実業家の井坂弘毅(いさかこうき)(1933― )により1970年(昭和45)に企画立案され、野外での健康づくりシステムとして確立された。フィールドアスレチックという名称は、フィールド(野外)とアスレチック(体育)の合成語で、和製英語だが、英語圏でも浸透している。日本で生まれた野外活動であるが、アメリカ、韓国、中国などでも行われている。
 1973年(昭和48)に日本フィールドアスレチック協会が設立され、同協会が商標登録した。74年に第1号の公認コースが静岡県南箱根にオープンした。その後、全国へ展開し、同協会公認および監修コース、さらに非公認・非監修コースを含め1000以上のコースがつくられている。各コースは、導入地域の文化や伝統、伝説、歴史などを基にテーマが設定されており、各施設もテーマに沿って独自に考案される。コース内の各施設とその配置については、自然環境、運動生理学、心理学、人間行動学、建築学などに基づき、コースごとに個別に企画設計されている。
 フィールドアスレチックは、子供から老人まで、男女の区別なく、だれでも気軽に楽しむことができる。コース全体を通した運動は、日常使わない筋肉までも動かし、全身の筋肉をまんべんなく使うことになる。
 フィールドアスレチックには、いくつかの種類がある。
(1)アスレサーキット フィールドアスレチックの代表的なシステムである。周回コースを1周する形式で、コース上に20以上の種目が配置されている。種目は、準備運動から始まり、ハードな運動を求められるものまでさまざまあり、心と体の動きを考慮して企画配置されている。
(2)アスレウォーズ 城攻めや合戦といった戦略性を織り込んだもので、大規模なフィールドアスレチックである。場内に配置された砦(とりで)を中心に、多数の種目、堀、塀などがあり、さまざまな順路で種目を突破することになる。グループごとに競い合うこともでき、団体でも楽しむことができる。
(3)アスレタワー フィールドアスレチックを立体的に配置したものである。大きさは10メートルから三十数メートルまでさまざまである。上り下りにいろいろな施設が配置されている。展望台や地域のシンボルタワーを兼ねたものもある。
(4)アスレバイク 自転車に乗って山野を疾走する、フィールドアスレチック版サイクリングである。山あり谷あり水上施設ありと、ダイナミックなスピード感が魅力である。
 そのほかにも、オフロード自転車専用のオフロードアスレチックコース、温泉や温水プールを活用するアスレストーム、移動型フィールドアスレチック、幼児専用フィールドアスレチック、特殊訓練用フィールドアスレチックなど地域、用途にあわせてさまざまなものがある。[井坂玲樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィールドアスレチックの関連キーワードクロスカントリートリム運動体力つくり強調月間バリアフリータートルマラソンレクリエーションの森レクリエーション森林水源の森づくりをすすめる市民の会体力づくり健康・体力づくり事業財団体力づくり運動

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィールドアスレチックの関連情報