コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルクリンゲン製鉄所 フェルクリンゲンせいてつじょ Völklingen Ironworks

3件 の用語解説(フェルクリンゲン製鉄所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルクリンゲン製鉄所
フェルクリンゲンせいてつじょ
Völklingen Ironworks

ドイツ南西部,ザールラント州フェルクリンゲンに残る製鉄所跡。ザール川の水運とロレーヌ地方の豊富な鉄鉱石,ザール地方の石炭に恵まれたこの地で製鉄所の操業が開始されたのは 1873年。その後の 100年間,フェルクリンゲンはヨーロッパ有数の製鉄都市として繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フェルクリンゲン‐せいてつじょ【フェルクリンゲン製鉄所】

Völklinger Hütte》ドイツ西部、ザールラント州の州都、ザールブリュッケン近郊の町、フェルクリンゲンにある旧製鉄所。1873年に操業開始。近代ドイツにおける工業化に大きく貢献し、1986年に操業停止。1994年、産業遺産として初めて世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

フェルクリンゲンせいてつしょ【フェルクリンゲン製鉄所】

1994年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ドイツ南西部ザールラント州にある産業遺産。銑鉄精錬の全工程を見学できる施設として貴重であり、ヨーロッパ全体でも重要な遺産となっている。1873年に創設され、1890年にはドイツ最大の規模に成長し、フランスルクセンブルクの製鉄所と並び、ヨーロッパの「石炭鉄鋼三角地帯」と称された。その後も発展を続け、1903年までに最盛期を迎えた。1986年に操業を終えたが、製鉄所の設備は修復され、十分な安全確保がなされた後、博物館などとして運営されることとなった。産業革命の歴史を伝える貴重な施設であり、長年にわたって世界の鉄鋼業を牽引してきた価値が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はVöelklingen Ironworks

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェルクリンゲン製鉄所の関連キーワードエルチェバム文化遺産複合遺産自然遺産ルストロルシュオモ川下流域平泉世界遺産登録記念ホリデーパスヴルコリニェツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェルクリンゲン製鉄所の関連情報