コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルディナント2世 フェルディナントにせいFerdinand II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルディナント2世
フェルディナントにせい
Ferdinand II

[生]1578.7.9. グラーツ
[没]1637.2.15. ウィーン
ボヘミア王 (在位 1617~27) ,ハンガリー王 (在位 18~25) ,神聖ローマ皇帝 (在位 19~37) 。ハプスブルク家出身。インゴルシュタットでイエズス会士の教育を受け,厳格なカトリック信者となった。当時オーストリアでは多数の貴族,市民,農民がプロテスタントであったが,フェルディナントはこれらに対して強圧的な姿勢でのぞんだ。 1617年にボヘミア王,18年にハンガリー王に即位。 19年8月前帝マティアスの死後,皇帝に選出されたが,すでに前年プロテスタントが多数を占める,ボヘミアオーストリアの議会は,カトリックの対抗宗教改革を強制しようとしたフェルディナントの王位を廃位し,ボヘミアで反乱を起していた。通常この反乱が三十年戦争勃発の端緒とされている。帝の前途は容易ならぬものであったが,20年 11月ボヘミアの反乱を鎮圧。ボヘミアではカトリック信仰が再び強要され,ハプスブルク家のボヘミアに対する宗主権を確実なものとした。 25年 A.ワレンシュタインを皇帝軍総司令官に起用し,ドイツ内の反対勢力を破り,27年プロテスタント側のデンマークとの戦争に勝利を占めると,29年余勢を駆って復旧勅令を発し,旧カトリック諸侯領を返還させようとした。しかし帝の中央集権主義は新,旧両教諸侯を離反させ,彼自身は三十年戦争のさなかに没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フェルディナント2世

生年月日:1578年7月9日
神聖ローマ皇帝(在位1619〜37)
1637年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

フェルディナント2世の関連キーワードワレンシュタイン(Albrecht Wenzel Eusebius von Wallenstein)マクシミリアン1世[バイエルン公]フェルディナント[3世]フェルディナンド(2世)ワイセルベルクの戦いトラウトマンスドルフフェルディナント3世ヨハン・ゲオルク1世ウィーン美術史博物館ネルトリンゲンの戦いビーラー・ホラの戦エーベルハルト3世リューベック条約フェリペ4世マティーアスピッコロミニグスタフ2世アンブラス城キルヒャートリチェリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android