コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェードー Georges Feydeau

2件 の用語解説(フェードーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フェードー【Georges Feydeau】

1862‐1921
フランスの劇作家。作品はおびただしく,《くされ縁》(1894),《マキシム亭のご婦人》(1895),《アメリーを頼む》(1908),《奥方の亡き御母堂》(1910)などが代表作である。いずれも巧妙な筋立て,機知に富む台詞(せりふ),快適でスピーディな動きで観客を笑わせる喜劇であり,生前はパリ劇界の人気作家となったが,死後は一時忘れ去られた。しかし1950年代から再評価の傾向が目だち,コメディ・フランセーズやバロー一座など,大劇団でしばしば再演される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェードー
ふぇーどー
Georges Feydeau
(1862―1921)

フランスの喜劇作家。小説家エルネスト・フェードーErnest Feydeau(1821―73)の息子。パリに生まれる。演劇に熱中し学業を中断。『貴婦人向け仕立屋』Le Tailleur pour dames(1887)で劇壇に進出。『ル・ダンドン』Le Dindon(1896)、『マキシムの貴婦人』(1899。邦訳『クルベット天から舞いおりる』)などの世界的成功で喜劇王といわれた。機械仕掛けに例えられるほど計算されたせりふの案配と人物の出入りを、奇抜な着想(『マキシムの貴婦人』の麻酔椅子(いす)など)でもつれさせ、爆笑を招く技巧にたけている。後年『坊やに下剤を』(1910)の代表する一連の一幕ものでブルジョアを風刺、一脈の文学性をみせた。今日でも上演される。一方、劇場支配人も務め、だて男としても有名だったが、最後は狂死。[岩瀬 孝]
『岩瀬孝訳『坊やに下剤を』(『現代世界戯曲全集 七』所収・1914・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェードーの関連キーワードアヌイイヨネスコキュレルサラクルーデュマモリエールラシーヌメーテルリンクアダンドラアルコペー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone