コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フエガラス フエガラス Cracticidae; butcherbirds and allies

2件 の用語解説(フエガラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フエガラス
フエガラス
Cracticidae; butcherbirds and allies

スズメ目フエガラス科の鳥の総称。全長 18~50cm。4属 12種からなる。一見カラス類に似た鳥で,羽色は種によって黒いか黒白のまだら模様,灰色などがある。は太くじょうぶで先がとがる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フエガラス
ふえがらす / 笛烏

広義には鳥綱スズメ目フエガラス科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Cracticidaeの仲間は、オーストラリアニューギニア島とその周辺の島々に9~13種が分布する。この類を総称する英名はない。全長25~50センチメートル。頭と嘴(くちばし)が大きく、足が強く、一見カラスとモズに似ている。羽色は黒、黒と白、ねずみ色と白、黒とねずみ色と白などである。森林や疎林、木の多い公園などにすみ、樹上性であるが地上で採餌(さいじ)することも多い。大形の昆虫、小形の脊椎(せきつい)動物、果実などを食物とする。モズガラス属Cracticus6~7種と、オーストラリア東部に分布する種のフエガラスStrepera graculinaを含むフエガラス属2~3種は、冬は群れをなすが、繁殖期にはつがいで縄張り(テリトリー)を激しく防衛する。カササギフエガラス属Gymnorhina1~3種は一年中小群で縄張りを防衛し、小群のまま繁殖する点で特異である。この小群は2羽から数羽の成鳥と数羽の若鳥からなるのが普通である。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フエガラスの関連キーワード鳴禽類燕雀類楓鳥花鳥猿子知目鳥川烏カラス(烏∥鴉)カワガラス(河烏)フエガラス(笛鴉)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone