フォゴ島(読み)フォゴトウ

デジタル大辞泉の解説

フォゴ‐とう〔‐タウ〕【フォゴ島】

Ilha do Fogo》アフリカ西岸のベルデ岬西方沖にあるカーボベルデの島。首都プライアがあるサンティアゴ島の西に位置する。名称はポルトガル語で「火の島」を意味する。成層火山のフォゴ山は、中央にカルデラをもつ活火山として知られる。主な町はサンフェリペ。ワインが有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォゴ島
ふぉごとう
Fogo

アフリカ大陸西岸沖のベルデ岬諸島南部の島。カーボベルデ領。面積490平方キロメートル、人口3万7409(2000)。中央部東北寄りにピコ火山(2829メートル)があり、1500年から1995年の間に10回ほど噴火、1847年の噴火では死者を出した。1995年4月の噴火では割れ目火口から溶岩を噴出し、溶岩噴泉は高さ300メートルに達した。溶岩はカルデラの中を約4キロメートル流下し、一つの部落を破壊、カルデラに住む約5000人が避難した。肥沃(ひよく)な火山性土壌に覆われた裾野(すその)では、コーヒー、タバコを産する。中心地は西岸の港町サン・フィリペ。[中村和郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android