コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォッサ フォッサ Cryptoprocta ferox; fossa

3件 の用語解説(フォッサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォッサ
フォッサ
Cryptoprocta ferox; fossa

食肉目ジャコウネコ科。マダガスカル島の固有種で,森林地帯にすむ。体長 80cm,尾長 66cmで,マダガスカル島では最大の食肉類で最も強い動物である。体の毛は密で,短くてなめらか。体色は一様に赤褐色で,斑紋がない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フォッサ【fossa】

外形がネコによく似た食肉目ジャコウネコ科の哺乳類イラスト)。マダガスカルに分布。体長61~80cm,尾長もほぼ同長で,肩高37cm前後,体重7~12kg。体が筋肉質で,四肢のうちとくに後肢が長く,頭部が丸いことなど,ネコによく似るが,吻(ふん)が突出し,耳介は丸い。かぎづめは鋭く,ネコのように引き込めることができるが,歩行法はネコのように指先で歩く指行性でなく,クマのように足裏全体をつけて歩く蹠行(しよこう)性である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォッサ
ふぉっさ
fossa
[学]Cryptoprocta ferox

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ジャコウネコ科の動物。マダガスカル島の森林地帯に分布し、島内の食肉類としては最大種である。頭胴長60~75センチメートル、尾長55~70センチメートル、体重7~12キログラム。体が細長くて尾も長く、耳介や頭が丸く、鉤(かぎ)づめは鋭くて引っ込めることができ、ネコに類似する。歩行様式は半蹠行(しょこう)性。毛は短くて密生し、体の背面の色は赤褐色、腹面はやや淡い。地上にすみ、聴覚や視覚は鋭い。夕方から夜にかけて活動し、キツネザル、鳥などを食べるが、ときに家禽(かきん)や家畜を襲う。普通は単独で生活し、9~10月の繁殖期には数頭の小群をつくる。雄は肛門腺(こうもんせん)や包皮腺から分泌される分泌液をつけて縄張りを示す。12月~翌年1月に1産2~4子を産む。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォッサの関連キーワードリビアネコ麝香猫インドジャコウネコシベットジャコウネコ(麝香猫)ナンジニアパームシベットミズジャコウネコ(水麝香猫)ジャコウネコ属ヒメジャコウネコ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォッサの関連情報