コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォッサ Cryptoprocta ferox; fossa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォッサ
Cryptoprocta ferox; fossa

食肉目ジャコウネコ科。マダガスカル島固有種で,森林地帯にすむ。体長 80cm,尾長 66cmで,マダガスカル島では最大の食肉類で最も強い動物である。体の毛は密で,短くてなめらか。体色は一様に赤褐色で,斑紋がない。口ひげは著しく長い。爪は短く,ネコのように引込めることができる。肛門のまわりに腺があり,敵に襲われると,ここから強烈な悪臭のある液を出して攻撃する。クマのように足の裏全部をつけて歩く蹠行性である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォッサ【fossa】

外形がネコによく似た食肉目ジャコウネコ科の哺乳類(イラスト)。マダガスカルに分布。体長61~80cm,尾長もほぼ同長で,肩高37cm前後,体重7~12kg。体が筋肉質で,四肢のうちとくに後肢が長く,頭部が丸いことなど,ネコによく似るが,吻(ふん)が突出し,耳介は丸い。かぎづめは鋭く,ネコのように引き込めることができるが,歩行法はネコのように指先で歩く指行性でなく,クマのように足裏全体をつけて歩く蹠行(しよこう)性である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォッサ
ふぉっさ
fossa
[学]Cryptoprocta ferox

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ジャコウネコ科の動物。マダガスカル島の森林地帯に分布し、島内の食肉類としては最大種である。頭胴長60~75センチメートル、尾長55~70センチメートル、体重7~12キログラム。体が細長くて尾も長く、耳介や頭が丸く、鉤(かぎ)づめは鋭くて引っ込めることができ、ネコに類似する。歩行様式は半蹠行(しょこう)性。毛は短くて密生し、体の背面の色は赤褐色、腹面はやや淡い。地上にすみ、聴覚や視覚は鋭い。夕方から夜にかけて活動し、キツネザル、鳥などを食べるが、ときに家禽(かきん)や家畜を襲う。普通は単独で生活し、9~10月の繁殖期には数頭の小群をつくる。雄は肛門腺(こうもんせん)や包皮腺から分泌される分泌液をつけて縄張りを示す。12月~翌年1月に1産2~4子を産む。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォッサの関連キーワードフォッサマグナミュージアムキリンディーミテア国立公園新潟県糸魚川市一の宮新潟県糸魚川市根小屋糸魚川糸魚川‐静岡構造線糸魚川静岡構造線フォッサ・マグナフィリクーディ島グリーンタフ地域フォッサマグナボルゴニョーネエンツォ王宮殿グリーン・タフ糸魚川[市]グリーンタフ緑色凝灰岩領家変成帯地質構造線後立山連峰

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android