フォルクマン拘縮(読み)ふぉるくまんこうしゅく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルクマン拘縮
ふぉるくまんこうしゅく

急激な動脈血行障害によって前腕の主として回内屈筋群が変性・拘縮をおこす疾患で、不可逆性の阻血性筋壊死(えし)と神経障害がみられる。原因としては、小児の上腕骨顆上(かじょう)骨折時の緊迫したギプス固定、あるいは骨片圧迫による上腕動脈のけいれんなどが知られ、不適切な治療によっておこる後遺症である。激甚な疼痛(とうつう)のあることが特徴的で、脈拍の減弱、指の色調の蒼白(そうはく)、麻痺(まひ)や感覚異常もみられる。速やかに肢位を変えたり外固定を除去して阻血を防ぐが、阻血徴候が消えない場合は速やかに専門医の外科治療を受ける必要がある。現在ではこの予防のため、上腕骨顆上骨折の整復後に行う肘(ちゅう)関節の鋭角屈曲位における副子(ふくし)固定や切割のないギプスは禁忌とされている。なお、初めてこの疾患を報告したフォルクマンRichard von Volkmann(1830―89)は、ドイツの外科医である。[永井 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフォルクマン拘縮の言及

【阻血性拘縮】より

…筋肉の血行障害のため,筋組織が強く障害されて繊維性の瘢痕(はんこん)組織に置き換えられ,筋肉の伸縮性が失われて関節の可動制限をきたし,変形を生じたものをいう。フォルクマン拘縮Volkmann’s contractureとも呼ばれ,小児の肘関節部外傷とくに上腕骨顆上骨折の際ギプスによる緊縛で生ずることが多い。すなわち上腕骨顆上骨折の際,時間の経過とともに関節部の腫張はかなり著しくなるが,整復操作,とくにこれが何度か繰り返し行われた場合には腫張がいっそう増す。…

※「フォルクマン拘縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android