フォークランド[諸島](読み)フォークランド

百科事典マイペディアの解説

フォークランド[諸島]【フォークランド】

アルゼンチン南端から東方約600km,大西洋上の英領の島群。東フォークランド,西フォークランドの2島と約200の小島からなる。主都スタンリー。アルゼンチン名はマルビナスMalvinas諸島。氷河浸食を受けた低い丘陵地が大部分を占め,荒地,泥炭地が多く,フィヨルドが発達。気候は冷涼で牧羊が主産業。1592年英国の航海者J.デービスが発見,18―19世紀に一時スペイン領であったが,1832年以降英領となった。英国とアルゼンチンの間で領有をめぐる係争が続いてきたが,1982年4月アルゼンチン軍が侵攻,英国は本国からも出兵し,フォークランド戦争(マルビナス戦争)が勃発。両国とも多くの人命,戦費を失ったが,6月アルゼンチンが敗北した。1万2200km2。2840人(2012)。
→関連項目アルゼンチンサウス・オークニー[諸島]南アメリカ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォークランド[諸島]【Falkland Islands】

南アメリカ大陸の南部,パタゴニア沖400kmの南大西洋に浮かぶ諸島。英語での正式名称はFalkland Islands and Dependencies。面積1万2173km2,人口2564(1996)。1833年以来イギリスの属領とされてきたが,現在に至るまでアルゼンチンとの領有問題で係争が続いている。アルゼンチン名はマルビナス諸島Islas Malvinasである。おもな島は東フォークランド島(アルゼンチン名ソレダード島)と西フォークランド島(マルビナス島)で,周りに200余の小島がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフォークランド[諸島]の言及

【ブーゲンビル】より

…1756年にカナダへ行き,副官としてイギリスとの戦争に加わった。戦後は自費で南大西洋のフォークランド諸島に入植地を建設したが,67年にスペインに譲り渡すことになり,この代償としてフランス初の太平洋探検隊の隊長のポストを得た。1766‐69年ブドゥーズ号でフランス人としては初の世界一周を果たした彼は,ソロモン諸島北西端の島とその南側の海峡にその名をとどめている。…

※「フォークランド[諸島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android