コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォースタス博士 フォースタスはかせThe Tragical History of Doctor Faustus

4件 の用語解説(フォースタス博士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォースタス博士
フォースタスはかせ
The Tragical History of Doctor Faustus

イギリスの劇作家 C.マーローの悲劇。 1592~93年頃の作。 1604年刊。地上の快楽と交換に悪魔に魂を売渡すドイツ錬金術師ファウストの伝説を材料として,未知の可能性に挑むルネサンス時代の人間の精神を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フォースタスはかせ【フォースタス博士】

《原題The Tragical History of Dr Faustusマーローによる戯曲。ドイツのファウスト伝説を下敷きとした作品。1604年版と1616年版の、かなり内容の異なる二つの版が刊行されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フォースタスはかせ【フォースタス博士 Doctor Faustus】

イギリスの詩人・劇作家C.マーローの悲劇。1588年ごろ初演。題材はおもにドイツで出版されたファウスト伝の英訳から得たと思われるが,民間伝承によった部分も多い。現存するテキストにはA,Bの2種類があり,Aにはマーロー以外の作家の手になると考えられる茶番的な場面が含まれていて,Bのほうが作者自身の作に近いとされる。すべての学問を修めながら魔術以外のものに失望したフォースタスは,善天使の説諭にも耳を傾けずに悪魔の手先メフィストフェレスを呼び出し,魂を売り渡すかわりに24年間自己のあらゆる欲望に彼を奉仕させるという契約を結ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォースタス博士
ふぉーすたすはかせ
Dr. Faustus

イギリスの詩人・劇作家マーローの悲劇。1588~1592年作。初版刊行時期は不明。現存する二つの版(1604、1616)では、笑劇的、風刺的要素の濃い1616年版が原作に近いと考えられる。物語は、百科の学問に精通しても心満たされぬフォースタスが魔法でメフィストフェレスを呼び出し、魂を売り渡すという条件で24年間欲望の限りを尽くすという、いわゆるファウスト伝説の劇化。とくにヘレンの幻をみる場面と堕地獄に追い詰められる幕切れに、ルネサンス人の栄光と悲惨をのぞかせて圧巻である。[玉泉八州男]
『平井正穂訳『フォースタス博士』(『エリザベス朝演劇集』所収・1974・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフォースタス博士の言及

【マーロー】より

…反面,無神論者で同性愛者だったという同時代人の証言もあり,政府の秘密諜報機関とかかわりをもち続けて,最後はその仲間とのいさかいで殺されたとされている。代表作としては,羊飼いから身を起こして一大大陸の覇者となったティムール大帝の勇壮で波乱に富む生涯を劇化した二部作《タンバレン大帝》(1587ころ初演),自己のあらゆる欲望を満たすために悪魔に魂を売り渡したファウストを主人公とする悲劇《フォースタス博士》(1588ころ初演),飽くなき物欲の鬼の破滅を扱ったメロドラマ《マルタ島のユダヤ人》(1589ころ初演),悪政によって内乱を招き残忍な権謀家の家臣によって殺される悲劇の王をめぐるイギリス史劇《エドワード2世》(1592ころ初演)などがある。これらの作品では,無限に広がりゆくさまざまな欲望のとりこになった典型的ルネサンス人の凄絶な追求と挫折のドラマが展開される。…

※「フォースタス博士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone