コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォールスタッフ Falstaff, Sir John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォールスタッフ
Falstaff, Sir John

シェークスピアの喜劇ヘンリー4世』1・2部と『ウィンザーの陽気な女房たち』に登場する有名な喜劇的人物。その本領は『ヘンリー4世』の第1部で発揮される。大兵肥満の大酒飲みで大ぼら吹き,年はとっても気は若く,好色で放埒無頼の臆病者,しかもこれを勇気と言いくるめる軽妙な機知ユーモアをもった,生命力にあふれる陽気な騎士。いわば因襲にとらわれない自由な喜劇精神の体現者で,人間本能の代弁者的人物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フォールスタッフ

シェークスピアの史劇《ヘンリー4世》に登場する肥満の老騎士。飲んべえでうそつきで臆病で好色ながら愛すべき人物。エリザベス1世の懇望により,シェークスピアは《ウィンザーの陽気な女房たち》に再登場させている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォールスタッフ【John Falstaff】

イギリスの劇作家シェークスピアの《ヘンリー4世》第1部および第2部,《ウィンザーの陽気な女房たち》(以上1598年ころ創作)に登場する好色で太鼓腹の貴族。平時は居酒屋に入りびたり,出まかせのほらを吹きながら浮かれ騒ぎ,ときに強盗までするかと思うと,戦時には新兵徴発に出かけてわいろをせびり,他人の手柄を横取りして恩賞にあずかる破廉恥ぶり。それでいて彼にはのびやかな人間らしさとたくましい生命力の魅力があり,彼の存在そのものが儀式ずくめの宮廷や空疎な名誉の支配する戦争に対する風刺となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフォールスタッフの言及

【道化】より

… こうした盛りあがりの頂点に現れて,道化を本格的演劇の中に誘いこみ,一挙に円熟させたのがシェークスピアであった。妖精の女王との快楽を味わう職人ボトムBottom(《夏の夜の夢》),好色で大食でほら吹きで〈フュシス〉そのものの象徴のような太鼓腹をしたフォールスタッフ(《ヘンリー4世》《ウィンザーの陽気な女房たち》),ワイズ・フール(賢い愚者)という逆説を体現するタッチストーンTouchstone(《お気に召すまま》)やフェステFeste(《十二夜》),そして悲劇的国王につきそう名無しの道化(《リア王》)。ハムレットにいたっては,悲劇の主人公なのに道化ぶりを演じる。…

※「フォールスタッフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォールスタッフの関連キーワードドゥブリアン一家リチャードソンファストルフほら吹き軍人ベタートンクェイルユビュ王ハケットヘミングスキナーベルディモーガンローベイローイン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォールスタッフの関連情報