コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォ フォ Fo, Dario

2件 の用語解説(フォの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォ
フォ
Fo, Dario

[生]1926.3.24. イタリア,サンジャーノ
イタリアの俳優・劇作家。ラジオ番組の制作を経て,1952年軽演劇の役者となる。女優のフランカ・ラメと結婚して 70年に劇団「ラ・コムーネ」を結成し,ミラノを拠点に喜劇俳優,演出家,劇作家として成功を収めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フォ【Dario Fo】

1926‐
イタリアの劇作家,俳優。ミラノで建築を学ぶかたわら,時局風刺のコント劇を書き始め,以来一貫して労働者の側に立ち,多様な手法を用いて資本家,教会,左右の官僚主義を批判する笑劇を自作・上演している。代表作に《泥棒とマネキン人形と裸婦》(1958),《神聖喜劇》(1968),《旗と操り人形による大パントマイム》(1969),《第七戒律――少し盗め》(1971),《アナーキスト事故死》(1971),《おれは支払わない》(1974),《〈クラクションを吹き鳴らせ〉》(1980)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフォの言及

【イタリア演劇】より

…〈アブラハムとイサク〉や〈最後の審判〉を主題に劇を書いたベルカーリFeo Belcari(1410‐84)がその中でもよく知られている。 ラウダ,宗教劇に加えて,遊行芸人や吟遊詩人たちの民衆的なパフォーマンスもイタリア演劇の起源を形成する重要な要素である。彼らの語り,歌,踊り,マイム,軽業などは16世紀に入って隆盛を見るコメディア・デラルテの母体となったのである。…

※「フォ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォの関連キーワードポンティマリネッティミラノイタリアンイタリアンカジュアルドン・カルロパパミラノミラノ・ムジカミラネーズミラノ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォの関連情報