コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクバラハップ フクバラハップ Hukbalahap

6件 の用語解説(フクバラハップの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フクバラハップ(Hukbalahap)

第二次大戦中、フィリピンで組織された抗日ゲリラ組織。1942年に結成。戦後フクボン(人民義勇軍)と改称、土地改革・民族独立を要求して政府軍と抗争したが、1955年までに鎮圧された。フク団。→フィリピン共産党

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フクバラハップ

フィリピン,ルソン島中部を中心に活動するフィリピン共産党系の反政府・抗日武装集団。正称は抗日人民軍(フクバラハップはそのタガログ語頭文字,略称フク団)。第2次大戦中の1942年3月,日本軍の侵攻を機にタルクがゲリラ組織として結成し,日本軍追放と地主制打倒を掲げて活動。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フクバラハップ【Hukbalahap】

フィリピン共産党(1938年社会党と合併)が太平洋戦争の勃発と日本軍の侵攻を契機に,1942年3月29日,ルソン島中部のヌエバ・エシハ州カビヤオにおいて結成した抗日人民軍武装ゲリラ組織のこと。フクバラハップとは抗日人民軍のタガログ語名を略称したものである。最高司令官にはタルクが就任した。ゲリラ兵士の主力となったのは,社会党の指導下にあった全国農民組合(KPMP)の小作農や貧農,社会党の大衆組織である労働者総同盟(AMT)傘下の労働者であり,こうして日本軍の侵攻直後,中部ルソンの貧農,小作農,労働者の一大結集が実現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フクバラハップ【Hukbalahap】

〔「抗日人民軍」の意のタガログ語を簡略化した語〕
第二次大戦中、フィリピンで結成された抗日ゲリラ組織。共産党の指導の下、労働者・農民を結集して1942年結成。戦後、人民解放軍として武装闘争を継続。フク団。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクバラハップ
フクバラハップ

フク団」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクバラハップ
ふくばらはっぷ
Hukbalahap

日本占領時代フィリピンで結成された抗日人民軍Hukbo ng Bayan Laban sa Haponの略称。日本ではフク団ともよばれる。1942年3月29日、ルソン島中央部の森林の中で結成された。ルソン島中央部はフィリピンでもっとも小作率が高い地域で、30年代には社会党・共産党系の農民運動が盛んであった。フクバラハップはこれらの農民運動を中核に、マニラの労働者、進歩的知識人、中国人らが参加して結成され、日本軍への抵抗と地主制の打倒を目ざした。ルイスタルクに率いられたその闘争力は抗日ゲリラ中最強で、45年1月アメリカ軍がルソン島再占領を開始したときには、ルソン島中央部はほとんど彼らの手で解放されていた。しかしフィリピンの地主勢力に味方するアメリカ軍は、マニラ占領と同時にフクバラハップの武装解除を命じ弾圧に乗り出した。
 第二次世界大戦後、フクバラハップは人民解放軍(HMB)と名称を改め、地主階級を基盤とする反共親米政権に武力抵抗を続けたが、1950年秋マグサイサイ国防大臣が登場して以後衰勢に向かった。[池端雪浦]
『ルイス・タルク著、安岡正美訳『フィリピン民族解放闘争史』(1953・三一書房) ▽W・J・ポメロイ著、木谷優梨子訳『比島フク団のたたかい 密林のゲリラ部隊』(1967・理論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフクバラハップの言及

【フィリピン】より

…しかし,それはまったくの傀儡(かいらい)共和国だったので,反日ゲリラ活動はいっそう激化した。全国各地で結成されたおびただしい数のゲリラ組織は,その大半が連合軍西南太平洋司令部の指揮下に属する〈ユサッフェ・ゲリラ〉であったが,中部ルソンに根拠地を置いたフクバラハップは,それらとは独立に独自の目標,すなわち,日本軍の追放と地主制打倒の二つの目標を掲げて戦った。44年10月,アメリカ軍のレイテ島上陸を皮切りに,アメリカのフィリピン再占領作戦が猛烈な勢いで展開され,45年9月3日,日本軍は完全降服した。…

【マグサイサイ】より

…戦後の46年にリベラル党のサンバレス州選出下院議員となり,国防委員会議長などを務めた。49年以降フィリピンはフクバラハップによる内戦に直面し,未曾有の政治危機に遭遇した。マグサイサイは50年国防長官に任命されてフクバラハップ討伐の最高責任者となり,アメリカの経済的・軍事的援助の下に鎮圧に成功した。…

※「フクバラハップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フクバラハップの関連キーワードキューバ共産党民族民主戦線フィリピン共産党フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲PKPドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染フィリピン共和国憲法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone