コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロタケ(袋茸) フクロタケVolvariella volvacea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクロタケ(袋茸)
フクロタケ
Volvariella volvacea

担子菌類マツタケ目テングタケ科。秋に,地上に独立して生じる。傘は初め鐘形,やがて丸山形となり,終りに平らになり中央がわずかに突出している。直5~10cm,乾いた感じですす色,中央は色が濃く黒褐色の繊維がみられる。柄は長さ5~12cm,太さ 0.5~1cm,下端は大型,膜質で厚い壺に入っている。壺は上端が裂け,錆色をしている。北海道,本州,ヨーロッパ,北アメリカ,中国,台湾,インドに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フクロタケ(袋茸)【フクロタケ】

担子菌類テングタケ科のキノコ。中国名ツァオグー。表面は灰褐色で,内部は白く,無味無臭。熱帯地域に広く分布する。中国南部や台湾,東南アジア各地で,わらを使った菌床で栽培されている。そのため英名をストローマッシュルームという。傘は直径7〜13cmになるが,傘が開く前の袋状のものが出荷される。中国料理の炒め物やスープに用いられ,日本には水煮したものの缶詰が中国や台湾から輸入されている。缶詰のものは調理する前にサッとゆでると缶臭が消える。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フクロタケ【フクロタケ(袋茸) paddy straw mushroom】

担子菌類テングタケ科のキノコ(イラスト)。秋に有機質の多い場所に発生するが,東南アジアの諸国ではわらを堆積,発酵させた菌床をつかって栽培している。分布は熱帯地域のみ。かさは径7~13cmでまんじゅう形。表面は繊維状で灰褐色。内部は白く無味無臭である。ひだは隔生し肉色。茎は長さ5~12cm,径0.5~1.2cm。白色で絹糸状のつやがある。つぼは大型で膜質,胞子卵形で7.5~9.5μm×5~6μm。中国料理に用いられ,スープ,煮物,いため物にして食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android