コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フコキサンチン fucoxanthin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フコキサンチン
fucoxanthin

褐藻素ともいう。褐藻類に含まれている色素で,カロテノイドの一種。化学式 C40H60O6 。エーテル-石油エーテル混合液からは赤褐色針状晶として得られる。メチルアルコールから得られた結晶 (3分子の結晶メチルアルコールを含むもの) は融点 166~168℃。石油ベンジンには不溶。エーテル溶液を 25%の塩酸と混合すれば塩酸層は深青色となる。光合成の際に補助色素として働く。ケイ藻類にも含まれている。古くフィコフェインといわれた黄褐色の色素物質も褐藻素といわれたが,これは藻体が死んだ場合にフェノール性物質が酸化を受けて2次的に生じたものらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

フコキサンチン

 C42H58O6 (mw658.92).

 カロテノイドの一つ.海藻から得られる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

フコキサンチン【fucoxanthin】

褐藻類に含まれる赤褐色の色素で、キサントフィルの一種。光合成に関与する。褐藻素。藻褐素。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フコキサンチン
ふこきさんちん
fucoxanthin

主として褐藻類に含まれる褐色の色素。褐藻素ともいう。カロチノイドの一種で、分子中に酸素を含むので、キサントフィルに属する。褐藻の色の本体で、光合成の際に補助色素として光のエネルギーを捕捉(ほそく)する役割を果たしている。吸収したエネルギーの80%をクロロフィルに受け渡すといわれる。[吉田精一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフコキサンチンの言及

【カロチノイド】より

…酸素を含まないもの(炭化水素)と含むもの(アルコール,ケトン,エーテル,アルデヒド,エポキシド,カルボン酸)に大別される。前者はカロチン,リコピン,後者にはルテイン,クリプトキサンチン,ゼアキサンチン,フコキサンチン,ビキシン,ロドキサンチンがある。水に不溶で脂肪を溶かす溶剤によくとけ酸化されやすく不安定。…

※「フコキサンチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フコキサンチンの関連キーワードケイ藻類(珪藻類)ヤブレグサ褐藻植物植物色素黄色植物不等毛類吉田精一葉緑体藻褐素植物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フコキサンチンの関連情報