コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライバイワイヤ fly-by-wire

翻訳|fly-by-wire

デジタル大辞泉の解説

フライ‐バイ‐ワイヤ(fly-by-wire)

飛行機の操縦システムを電気的に行うこと。操縦桿(そうじゅうかん)やペダルなどの機械的な動きを、ケーブルや油圧装置を使うことで補助翼昇降舵に直接伝達する従来の方式に対し、電気信号に変換して操縦システムを制御する方式を指す。FBW

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フライバイワイヤ

昇降舵や方向舵などの飛行機の舵の作動に,油圧や索による機械的な操縦系統にかえて電気信号による電気的な系統を利用したシステム。パイロットの操縦桿などの操作が電気信号に変換されて,ワイヤを通して舵のところまで送られる。
→関連項目操舵装置

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

フライバイワイヤの関連キーワードゼネラル・ダイナミックスFユーロファイター・タイフーンノースロップ・グラマンBフライ・バイ・ライトミラージュ2000エアバス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android