コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライバイワイヤ フライバイワイヤ fly-by-wire

翻訳|fly-by-wire

2件 の用語解説(フライバイワイヤの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フライ‐バイ‐ワイヤ(fly-by-wire)

飛行機の操縦システムを電気的に行うこと。操縦桿(そうじゅうかん)やペダルなどの機械的な動きを、ケーブルや油圧装置を使うことで補助翼や昇降舵に直接伝達する従来の方式に対し、電気信号に変換して操縦システムを制御する方式を指す。FBW

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フライバイワイヤ

昇降舵や方向舵などの飛行機の舵の作動に,油圧や索による機械的な操縦系統にかえて電気信号による電気的な系統を利用したシステム。パイロットの操縦桿などの操作が電気信号に変換されて,ワイヤを通して舵のところまで送られる。
→関連項目操舵装置

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

フライバイワイヤの関連キーワードシステム運用デュアルシステム電子会議タグシステム電子式操縦システム飛行士金融システムフライトコントロールシステムオープン・システム自動操縦システム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フライバイワイヤの関連情報