フライバイワイヤ

百科事典マイペディア「フライバイワイヤ」の解説

フライバイワイヤ

昇降舵や方向舵などの飛行機の舵の作動に,油圧や索による機械的な操縦系統にかえて電気信号による電気的な系統を利用したシステム。パイロットの操縦桿などの操作が電気信号に変換されて,ワイヤを通して舵のところまで送られる。操縦性や整備性の向上,機体重量の軽減などが可能になる。エアバスA320,ボーイング777などに採用されている。
→関連項目操舵装置

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「フライバイワイヤ」の解説

フライ‐バイ‐ワイヤ(fly-by-wire)

飛行機の操縦システムを電気的に行うこと。操縦桿そうじゅうかんペダルなどの機械的な動きを、ケーブルや油圧装置を使うことで補助翼や昇降舵に直接伝達する従来の方式に対し、電気信号に変換して操縦システムを制御する方式を指す。FBW

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android