フラスコ(読み)ふらすこ(英語表記)flask

翻訳|flask

日本大百科全書(ニッポニカ)「フラスコ」の解説

フラスコ
ふらすこ
flask

化学実験で、反応、蒸留、測容、細菌培養などに使われる容器で、細い円筒状の首をもつもの。一般にガラス製であるが、石英、金属、合成樹脂製のものもある。容器本体部が球状のものを丸底フラスコ、その底部が平らなものを平底フラスコ、容器本体部が円錐(えんすい)形のものを三角フラスコという。そのほか、首部の形状や用途に応じた特別の形をもつものも多い。

[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「フラスコ」の解説

フラスコ

〘名〙 (frasco)
① ガラス製のくびの長い徳利・酒瓶。また、水差フラソコ。フラツコ。フラス。
※俳諧・天満千句(1676)八「風に柳の青きふらすこ〈宗恭〉 唐土より降て来りし春の雨〈西花〉」
② 特に、理化学実験用のガラス製容器。カリガラス、硼珪酸ガラスなどのような耐熱性ガラスで作った、水さし様のもの。〔舎密開宗(1837‐47)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「フラスコ」の解説

フラスコ

理化学実験用ガラス器具の一つ。普通細い円筒形の上部と,種々の形にふくらんだ下部とからなる薄肉ガラス製で,主として液体加熱や,反応などを行わせるのに用いる。平底,丸底,三角,三口,枝付など各種の形態のものがある。→メスフラスコ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「フラスコ」の解説

フラスコ(〈ポルトガル〉frasco)

化学実験器具の一。円筒形の首部と膨らんだ胴部をもつガラス製容器。平底フラスコ・丸底フラスコ・三角フラスコなどがある。フラソコ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「フラスコ」の解説

フラスコ【flask】

ガラス製容器の一種で,細い首の部分と,下のほうがいろいろな形にふくらんだの部分とからなる(図)。多く理化学実験に用いられる。主として液体を入れて加熱したり,反応を行わせたりする。目的に応じ各種の形のものがある。これらのうち一般に丸底のものは,加熱あるいは蒸留など,熱に耐久性のあることで利用され,平底のものは台上において容器として用いられる。二口あるいは三口のフラスコは,温度計,かくはん(攪拌)装置その他容器内での各種の操作目的に応じて使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android