コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラボノール flavonol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラボノール
flavonol

化学式 C15H10O3 。3-オキシフラボンに相当する。黄色色素として植物界に広く分布している。染料として利用されたこともある。 (→フラボン )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フラボノール【flavonol】

3‐ヒドロキシフラボンともいう。黄色針状結晶,融点170℃。黄色色素として植物界に広く存在する。濃硫酸に溶けて黄色を示し,この溶液は紫色の蛍光を発する。ルチン,ケルセチン,フィゼチンなどフラボノールのヒドロキシ誘導体は,天然に配糖体として存在する場合が多い。黄色染料として多く用いられるほか,フラボノール誘導体は高血圧予防などの医薬品として利用されるものもある。【日向 実保】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フラボノールの関連キーワードポリフェノールラムノースヘンルーダミリセチンクロモンフラバン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android