コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランダースの犬 フランダースのいぬA Dog of Flanders

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランダースの犬
フランダースのいぬ
A Dog of Flanders

イギリスの女流作家ウィーダの少年小説。 1872年刊。アントワープ近くの村に住む少年ネロと老犬パトラシエの愛情を主題とした物語で,世界的に広く愛読されてきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フランダースのいぬ【フランダースの犬】

《原題A Dog of Flanders》英国の女流小説家ウィーダ(Ouida)の児童小説。1872年刊。ベルギーのフランドル地方を舞台に描かれた、少年ネロと犬のパトラッシュとの愛情物語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

フランダースの犬

日本のテレビアニメ。放映はフジテレビ系列(1975年1月~12月)。原作:ウィーダによる小説。制作:日本アニメーション。声の出演:喜多道枝ほか。「世界名作劇場」シリーズのひとつ。画家を目指す少年・ネロと愛犬パトラッシュの悲劇的な結末で知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランダースのいぬ【フランダースの犬 A Dog of Flanders】

イギリスの女流作家ウィーダOuida(本名デ・ラ・ラメーMarie Louise de la Ramée。1839‐1908)の児童物語。1872年刊。フランダース地方の風光を背景に,画才のある貧しい少年ネロと忠犬パトラッシュの交情を描く。幼なじみの少女とネロの交流は娘の父親である俗物の風車場の親方によって破られ,ネロはクリスマスの夜,かねてあこがれていたルーベンスの名画を収めたアントワープの教会の中で犬とともに凍死する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フランダースのいぬ【フランダースの犬】

フランス系イギリス人女流作家ウィーダ(Ouida1839~1908)の児童小説。1872年刊。ベルギーのフランドル地方を舞台に、画家志望の少年ネロと、年老いた愛犬パトラッシュの心温まる交情と悲劇的な死を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランダースの犬
ふらんだーすのいぬ
A Dog of Flanders

イギリスの女流作家ウィーダの児童文学作品。1872年作。ベルギーのフランダース地方の小村に祖父と暮らす少年ネルロは、老犬パトラッシュの引く荷車で牛乳を町へ売りに行く貧しい生活をしながら、絵への野心をもち、金持ちの粉屋の娘アロアの肖像を描く。だがアロアの父は、祖父の死後ネルロを村から追い出す。ネルロはコンクール落選に追い討ちされて絶望し、雪のなかで拾った粉屋の大金をパトラッシュに届けさせたあと、ルーベンスの絵の前で凍死する。貧しい人々と動物への深い愛情、ベルギーの風土、人物像の巧みな描出などによって、いまもなお読み継がれている。[神宮輝夫]
『村岡花子訳『フランダースの犬』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フランダースの犬の関連キーワードフランダースの犬 ぼくのパトラッシュブービエ・デ・フランダースネロとパトラッシュの像ノートルダム大聖堂ポン ジュノイ ソンジェホーボーケンペ ドゥナ聖母大聖堂坂井成紀イギリス神宮輝夫酒井康行

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランダースの犬の関連情報