フランツ2世(読み)フランツにせい(英語表記)Franz II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランツ2世
フランツにせい
Franz II

[生]1768.2.12. フィレンツェ
[没]1835.3.2. ウィーン
神聖ローマ帝国最後の皇帝 (在位 1792~1806) 。神聖ローマ皇帝退位前の 1804年8月 10日にオーストリア皇帝という新しい地位についたが,これによってハプスブルク家領はオーストリア帝国という正式の呼び名を得た。オーストリア皇帝としてはフランツ1世 (在位 04~35) 。レオポルト2世の子。フランス革命,ナポレオン戦争を通じて父の政策を継承しフランスと戦ったが敗戦を重ね,ナポレオン1世のライン同盟の結成により,06年8月6日,すでに形骸化していた神聖ローマ帝国の解体,皇帝退位を余儀なくされた。 10年娘マリア・ルイザ (マリ・ルイーズ ) とナポレオン1世の政略結婚に同意。 13年以降ロシア,プロシアとともに解放戦争メッテルニヒとともにウィーン会議を指導し,神聖同盟の政策を推進した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フランツ2世

生年月日:1768年2月12日
神聖ローマ帝国の最後の皇帝(在位1792〜1806)
1835年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android