コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリースタイル freestyle

翻訳|freestyle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリースタイル
freestyle

アマチュアのレスリング競技形式の一種。下半身の攻防技を禁止したグレコローマンスタイルに対して,全身のどの部位を攻防に用いてもかまわない。キャッチ・アズ・キャッチ・キャン catch-as-catch-canスタイルともいう。イギリス,アメリカ合衆国を中心として広がったもので,日本には 1931年に紹介され,以後普及した。 2004年アテネ・オリンピック競技大会より女子種目に採用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フリースタイル

(1)水泳の自由形(競泳クロール参照)。(2)レスリングの競技形式の一種。キャッチ・アズ・キャッチ・キャンcatch as catch canともいい,もともと英国で行われていたもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フリースタイル

アメリカのフォードが2005年から2007年まで製造、販売していた乗用車。5ドアのSUV。2008年よりフォード・トーラスXに名称変更。

フリースタイル

リーボックが販売する女性向けのカジュアルシューズのブランド名。1982年、エアロビクス用シューズとして発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

フリースタイル【freestyle】

方法や様式が自由なこと。
競泳で、泳法に制限のない種目。普通、クロールが用いられる。自由型。
レスリングで、上肢・下肢のどこを使って攻撃・防御をしてもよい種目。 → グレコ-ローマン-スタイル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリースタイル
ふりーすたいる
free style skiing

スキーの競技の一種。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフリースタイルの言及

【水泳】より

…そのころは1ストローク(左右の腕を1回ずつかく)について足を2回打つ2ビート泳法であったが,のちにアメリカで4ビートに改良され,現在は6ビートを主流にさまざまな技法が用いられている。クロールは自由形(フリースタイルfreestyle)ともいわれる。泳法を限定しない自由形では,クロールで泳ぐのがいちばん速いからであるが,メドレーの際の自由形はクロールを用いなければならない。…

※「フリースタイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フリースタイルの関連キーワードジェーコブ・スティーブン バーナーGrecoRoman styleジャマル オタルスルタノフジャレット ピーターソンアルトゥール タイマゾフアレクサンドル ビロドーレバス ミンドラシヴィリヴージニア ファーブレジョーダン ブローシュシャリフ シャリフォフミカエル キングズバリミヒャエル シュミットアシュリー マカイバートグルル アスガロフアンドレアス マットレスリングのスタイルエコーバレースキー場ヘンリー セジュードジェニファー ハイルアレクセイ グリシン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリースタイルの関連情報