フリードリヒ・ウィルヘルム4世(読み)フリードリヒ・ウィルヘルムよんせい(英語表記)Friedrich Wilhelm IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードリヒ・ウィルヘルム4世
フリードリヒ・ウィルヘルムよんせい
Friedrich Wilhelm IV

[生]1795.10.15. ベルリン近郊
[没]1861.1.2. ポツダム
プロシア王(在位 1840~61)。フリードリヒ・ウィルヘルム3世の子。青年時代 J.アンションの教育を受け学芸を愛好し,教養も高かったが,政治的手腕を欠き「王座のロマン主義者」と呼ばれた。1847年召集した連合州会で憲法制定を否定して国民の不評を招いた。1848年の三月革命において,憲法とドイツ統一を約束しながら,1849年4月フランクフルト国民議会の捧げたドイツ皇帝位を退けた。1850年勅令で欽定憲法を発布。プロシアはこれによって二院制(両院制)の議会をもつことになった。一方,ヨーゼフ・ラドウィッツの計画に従い,保守主義と小ドイツ主義に基づく「エルフルト連合」を形成しようとしたが,オーストリアの反対により挫折。1850年オルミュッツ協定ドイツ連邦の復活に同意した。オーストリア尊重に傾く王およびオットー・マントイフェル内閣に反対するグループは王弟ウィルヘルム(のちのウィルヘルム1世)を擁し,互いに確執したが,王の精神障害が昂じたため 1858年10月ウィルヘルムが摂政位につき,マントイフェル内閣は罷免された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フリードリヒ・ウィルヘルム4世

生年月日:1795年10月15日
プロシア王(在位1840〜61)
1861年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android