コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーマン Freeman, Douglas Southall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリーマン
Freeman, Douglas Southall

[生]1886.5.16. アメリカ,バージニア,リンチバーグ
[没]1953.6.13. アメリカ,バージニア,リッチモンド
アメリカの新聞編集者,歴史家。 1908年ジョンズ・ホプキンズ大学で博士号を取得。 15~49年にリッチモンドの『ニューズ・リーダー』編集長。その間 34年にリッチモンド大学理事長,35~41年にコロンビア大学ジャーナリズム教授。主著に 34年のピュリッツァー賞を受賞した R.リー将軍の伝記や,G.ワシントン伝の決定版といわれる『ジョージ・ワシントン伝』 George Washington (5巻,1948~52) などがある。

フリーマン
Freeman, Edward Augustus

[生]1823.8.2. スタッフォードシャー
[没]1892.3.16. アリカンテ
イギリスの歴史学者。オックスフォード大学卒業。 1884~92年同大学近代史欽定講座教授。多分野に多くの業績を残したが,特にノルマン・コンクェストの研究が重要。主著『ノルマン・コンクェスト史』 History of the Norman Conquest (6巻,1867~79) 。

フリーマン
Freeman, John

[生]1880.1.29. ミドルセックス,ドールストン
[没]1929.9.23. ロンドン
イギリスの詩人,批評家。『ロンドン・マーキュリー』誌に多くの詩,批評,評伝を寄稿。『全詩集』 Collected Poems (1928) ,評論『ハーマン・メルビル』 Herman Melville (26) などがある。

フリーマン
Freeman, Mary Eleanor Wilkins

[生]1852.10.31. マサチューセッツ,ランドルフ
[没]1930.3.13. ニュージャージー,メタチェン
アメリカの女流作家。 49歳で結婚するまでニューイングランドにとどまり,南北戦争後の若者流出による故郷の崩壊をテーマに地方色豊かな作品を残した。主著,短編集『つつましいロマンス』A Humble Romance and Other Stories (1887) ,『ニューイングランドの修道女』A New England Nun and Other Stories (91) ,小説『母の反逆』 The Revolt of Mother (90) ,『ペンブルック』 Pembroke (94) ,『割当てられた仕事』 The Portion of Labor (1901) 。 1925年ハウエルズ賞を得た。

フリーマン
Freeman, Morgan

[生]1937.6.1. テネシー,メンフィス
アメリカ合衆国の俳優。深みのある感情表現と多彩な役をこなす演技力により,黒人と指定されていない役柄を依頼される,数少ないアフリカ系アメリカ人俳優。戦闘機のパイロットに憧れ 1955年空軍に入隊したが,1959年その道を断念し,俳優を志す。1967年,黒人キャストのみで上演されたミュージカル『ハロー・ドーリー!』Hello Dolly!でブロードウェーデビュー。1970年代は舞台出演のかたわら,テレビの子供向け教育番組にも出演した。映画『ブルベイカー』Brubaker(1980)と連続テレビドラマ "Another World"(1982~84)に出演して注目され,しだいに映画で重要な役柄を演じるようになった。『NYストリート・スマート』Street Smart(1987)でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。『ドライビング・ミス・デイジー』Driving Miss Daisy(1989)ではアカデミー賞主演男優賞候補となった。『ショーシャンクの空に』The Shawshank Redemption(1994)で 3度目のノミネートを受けたのち,元ボクサー役で出演した『ミリオンダラー・ベイビー』Million Dollar Baby(2004)でついにアカデミー賞助演男優賞に輝いた。反アパルトヘイト映画『ボッパ!』Bopha!(1993)で監督デビューを果たしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリーマン
ふりーまん
Richard Austin Freeman
(1862―1943)

イギリスの推理作家、医師。ロンドン生まれ。1887年、植民地付医師補として西アフリカに行き、1901年、再度のアフリカ行きで黒水熱にかかり、それが原因で執筆生活へと転換した。07年、処女推理長編『赤い拇指(ぼし)紋』で科学探偵ソーンダイク博士を初めて登場させ、続いて同探偵を主人公とする短編を『ピアスンズ・マガジン』に次々に発表して人気を得、科学推理小説の創始者となった。当時、新鮮な感覚で受け入れられた科学的手法によって物的証拠を分析しつつ推理を組み立ててゆくのが特徴で、この実証的探偵法は、犯人がすでに割れていながら、捜査側がいかにしてそれを解決するかという倒叙推理小説を生み出すこととなった。その倒叙推理の最初の作品が『歌う白骨』(1912)である。[梶 龍雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

フリーマン

生年月日:1823年8月2日
イギリスの歴史学者
1892年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

フリーマンの関連キーワードSHERLOCK シャーロック/忌まわしき花嫁アイヒマン・ショー/歴史を映した男たちドライビング Miss デイジーインビクタス/負けざる者たちジョーゼフ・C. リンカーンカーソン・レイモンド スミスフリーマークアビーワイナリーホビット/思いがけない冒険メーリ・エリナ フリーマンエンド・オブ・キングダムダークナイト ライジングリチャード トゥワージクフランク テシュメーカースピリット・センシティブホビット/決戦のゆくえアレックス ウェルシュエドワード ウィテカーデイブ フリシュバーグボーイ・ミーツ・ガールホルスト ウェーバー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリーマンの関連情報