コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレキシブルディスプレー flexible display

デジタル大辞泉の解説

フレキシブル‐ディスプレー(flexible display)

柔軟な素材でできた変形可能なディスプレーのこと。軽量薄型で電源を切っても表示が消えないタイプを電子ペーパーという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレキシブルディスプレー
ふれきしぶるでぃすぷれー
flexible display

全体が薄くて軽く柔軟で、落としても壊れにくく、折り曲げることや、丸めることができる次世代ディスプレーの総称。基板に堅いガラスなどが用いられていたディスプレーの電子回路にかわり、プラスチック基板を使用できるようになったことによって実現した。
 おもに、テレビやパーソナルコンピュータ(パソコン)用途のフラットパネルディスプレーを薄型化した液晶や有機ELのタイプと、電子ペーパータイプの2種類がある。前者は動画の表示ができ、これまでのテレビ用途などのディスプレーと同等の性能をもつ。なかでも、有機ELタイプはきわめて薄く柔軟なパネルを構成できる積層構造であり、フレキシブルディスプレーに適した特性を有している。後者の電子ペーパータイプは、白と黒の顔料粒子に電圧をかけて移動させることで表示する電気泳動方式と、特定の光の波長のみを反射する性質を生かしてカラー表示ができるコレステリック液晶の2種類が中心である。いずれも太陽光や蛍光灯の光を反射して文字や静止画などを画面に表示し、さらに表示した状態を維持する性質がある。そのため、電源を切っても表示は維持され、表示を変更するとき以外は電力を消費しないという特徴がある。ただし動画再生には不向きである。技術特性を考慮した製品開発が進むことで、テレビや電子書籍、電子新聞といった印刷媒体などの視聴環境、携帯端末の利用方法をはじめ、ポスターや看板、ラッピングなど、生活に直結したさまざまな分野に大きな影響を与えると考えられている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フレキシブルディスプレーの関連キーワード有機エレクトロ・ルミネッセンス有機ELIGZO

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android