フレックスタイム(英語表記)flex-time

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「フレックスタイム」の解説

フレックスタイム
flex-time

フレキシブル・タイムの短縮語。出社退社時刻従業員がある範囲なかで自由に決められる勤務体制をいう。1日の勤務時間が8時間である場合,たとえば午前 10時から午後3時までをコアタイムとして,この時間帯は全従業員が勤務につくものとする。出社・退社の時刻は,コアタイムの前後何時間かの範囲で自由に決めることができるので,従業員各自の生活や体調に合せて勤務時間帯を調整することが可能になるが,本人の自己管理能力も強く要求されることになる。特に研究開発部門や営業企画部門などで多く利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「フレックスタイム」の解説

フレックス‐タイム

〘名〙 (flextime) 一日のうち共通に働く時間だけを定め、一日の労働時間または週規定の労働時間を守る限り、始業・終業時刻を任意とする勤務体制。〔続・十年後(1983)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android